U R not alone

NO NEWS NO LIFE WITH LOVE

ありがとう、大好きだよ。

 

今日は、我が自担の20周年の入所記念日です。

わたしにとっては、シゲ担として3回目の入所日。

一昨日も去年も紡いだ感謝の想いは、今年も変わらず、ささやかなものから大きなものまで様々なエピソードを層のように積み重ねながら、深く、重く、募るばかり。

心を縛って離しません。

 

シゲ、

っていうステンドグラスを通して、もしも好きになってなかったらきっと全然知らなかった世界を、たくさんたくさん見せてもらっています。

色とりどり、いろーんな色のガラスがはまってる人だから、いろーんな色の景色が見える。

だから、フィルターじゃなくて、透明なガラスでもなくて、ステンドグラス。

背伸びしてそこからこっそり覗いた外の世界は驚くほど鮮やかで、そこからわたしの四畳半に注ぎ込む光もまた虹のように鮮やかです。

 

なんで好きなのか、

とか、

どこが好きなのか、

とか、

具体的に子細に項目立ててハッキリと、言語化することは全く出来ません。

もしも言語化したならば、きっとそれは言葉足らずで、後付けしたみたいで、十分に言い表してるとはとても言えなくて、なのに余分なものも多くて、何だか上っ面だけ撫でた嘘っぽくて、その言葉はたちまち今抱えている気持ちとは別のものになってしまう。しっくり来る言葉なんて、世界中どこを探しても、もしかしたらわたしの中にも、どこにもないような気がするんです。

何か好きな理由があるんじゃなくて、どこか好きな部分を備えているからでもなくて、明確な理由は分からないけど、ただどうしようもない好きという結果だけが感情だけが厳然とそこにある。ある日突然そういうことになっていた。そんな感じです。

どうして?って聞かれたとしても、どんな所が好きなの?って聞かれても、いっぱいあり過ぎて、なのに何一つ言語化出来なくて、結局わたしにもよく分かりません。

でも好きなの。

それだけ。

 

20周年おめでとう。

アイドルを続けてくれてありがとう。

お互いきっと永遠は誓えないけど、でも一歩ずつ少しずつ永遠に近くなるように、わたしは毎年言葉を紡いで積み重ねてくね。大好きだよ。

 

urnotalone.hatenablog.com

urnotalone.hatenablog.com