U R not alone

NO NEWS NO LIFE WITH LOVE

奇跡と感謝。

私は、大多数 対 自担 ではなく、私 対 自担 に落とし込んで考えたり話したりしたいんだなぁ。ファン 対 自担 でもなく、お友達+私 対 自担 でもなく。おこがましくも、個 対 個 で、どこか考えていたい節があって。

だからなのか、ゲームみたいに公式に提供・供給されるバーチャルな関係性は散々楽しんで散々狂うのだけれど、自分発信の妄想っていうのは案外皆無で、アイドルとしてそういう楽しまれ方も当然飲み込んでるのだとしても、好きにしちゃって下さいと思ってくれているのだとしても、そういう消費には私あんまり向いてなくて。もしも彼が自分なら、彼が家族なら、彼が身近な存在なら、何となく嫌だと思っちゃうのかなぁ?紛れもなくアイドルなのに、アイドルじゃなく一人の人間って考え過ぎてるのかなぁ?何かよく分からなくて、全然掴み切れていない感情です。

とにかくどうやら私はそういう仕様のオタクなので('、3_ヽ)_、だから先月末の奇跡みたいな出来事は後にも先にも私史上最大の空前絶後の燃料だと思って、勝手に「個 対 個の最たる話なのかもしれない」って拡大解釈して落とし込んだ気持ちを本文にも行間にもタイトルにもぎゅうぎゅう詰めにして前回のエントリーを書きました。優しさの濫用、良くない。良くないぞ( ⌯᷄௰⌯᷅ )

そんな代物だったのに、「限りなくclosedに近い私の庭」「偶然見つけて下さった方が気まぐれに立ち寄って下されば」みたいな気持ちで検索避けして綴ってるのに、前回は、思いのほかどころか私的にはとんでもない数の完全想定外のpv数をいただいてしまいまして(完全にTwitterなめてた)、全力で恐縮しました。非公開設定じゃないとは言え、ほぼほぼclosedなつもりだったのに!スーパー小規模垢なのに!こんなはずでは!ついったらんど怖い!‪:;(∩︎>д<∩︎);:‬笑

ななせんって流石にどっかからクソリプってやつが飛んで来るかー?!?!とか思って、ちょっと両手の拳を胸の前に構え、前後にステップ踏みながらウォーミングアップしつつ爪と牙を研いでみたりもしたのですが(血の気が多い)(ヤメロ)、そういえば来なかったな?有り難や有り難や。

これは喜ばしいことなの?不測の恐ろしい事態なの?どっちなの?とよく分からず大層戸惑っていたら、有り難いことに、そのツイに温かなリプをたくさんいただきまして、たくさんRTしてもらった先にも優しい言葉がいっぱいあって、その度に性懲りも無く、高田先生の

漫画に限らず、全ての表現に携わる人間にとって、感想をいただく以上の喜びはないと思っています。

という言葉を心に灯していました。確かな灯火をいっぱい、皆さまありがとうございました。私、あったかい涙ならいくらでも流したいタイプなので、Twitterでお話してくれる方々やどこかの誰かの涙のトリガーになれたのなら本当に幸いです。

嬉しかったなー、感想。ものっ凄い独り善がりエントリーなのにな。それもこれもシゲのお陰だね。シゲが起こしてくれた奇跡みたいな出来事だと思っています。奇跡みたいっていうかもう奇跡。

この奇跡の最後に、本っ当おこがましいの極みなんですけども、既読を付けてもらいっぱなしにしないで「『応援しております』届きました!」って“既読”を“感謝”を返したくなって、「ありがとうございました」って書いた、今度は短めのメールをSORASHIGE BOOKに送りましたとさ。

おしまい✩︎⡱

 

urnotalone.hatenablog.com

urnotalone.hatenablog.com