U R not alone

NO NEWS NO LIFE WITH LOVE

2回目の、君のHappy Birthday

 

拝啓、加藤シゲアキ様。

 

あと5日で、あなたの存在が私に爪痕を残した日から丸6年になります。

完落ちしてからは2年と経っていないのに一番最初のエピソードからはもうそんなに経つの!?って驚く気持ちと共に、もっと最近のことだったような想いと、いや6年どころかもっともっと昔のことだったんじゃない?という想いが同時にあり、我ながらよく分からなくてとても不思議な気持ちです。

 

加藤成亮から加藤シゲアキへの改名のことは、当時の報道で見聞きしたなぁとふわっと覚えています。でもその時の顔はハッキリとは思い浮かばなくて、しっかりあなたの存在が私に根付いたのは、6年前のHEY HEY HEY MUSIC CHAMPでのチャンカパーナ初披露の時。

何の気なしに見ていた番組で、その後もの凄く長いこと心に残って気になり続けたあの歌を聴く直前、今はすっかり大好きになったチャンカパーナのイントロが流れる中、

「ジャニーズにもこんな黒髪の人がいるんだなぁ」

と思った瞬間。

それがあなたと私の、テレビ越しの一番最初の最初の邂逅です。

運命の7月16日…!!ってほどに、大袈裟に捉えてる(激重)

賢そうで真面目そうな顔立ちで(正解)、黒髪でこんな雰囲気の人もジャニーズにいるんだ、意外…あ、改名して作家デビューしたんだっけ…印象的な瞳の人だなぁ…って色んなことを思った。衣装の白と髪の黒の対比が、もの凄く色濃く記憶に焼き付いた。

当時私は絶賛アンチジャニーズだったから、きっとステレオタイプに、ジャニタレは茶髪で軽薄そうな軟派な男の子達だって思っていたんだろうなぁ(超失礼極まりない)。そんな私の考えるジャニタレの歩く見本みたいな慶ちゃんでもなく(褒めてる)、今よりもキンッキンの金髪だったてごちゃんでもなく、色味だけでももの凄いフックになりそうな赤髪のまっすーでもなく、黒髪のあなたの存在が不思議で仕方なくて心に残りました。何だかとても印象的だったことをはっきり覚えてる。チャンカパーナという歌も、もの凄くもの凄く気になった。

 

でもね、まさかその数年後に自分がこんな風になるなんて、思ってもみなかった。本当に全く。

あの日、特段誰か「この人が見たい!」と思って番組を見ていたわけではなくて(チャン・グンソクさんがCHAMPとして出てたっけ?)、ただ毎週の視聴習慣が付いてたから見ていただけで、なのにその日の自分をこうして数年越しに思い返したり「良くやった…!良くぞ見てた私…!」って褒めたり感謝したりすることになるなんて、本っ当思ってもみなかった。

気になって、でも気になることに照れや戸惑いを覚えて気になっていることを認めることが出来なかった歌を、今こんな風に「大好きだ!」って叫ぶことになるなんて思わなかった。私のMステSexy対決を書いたブログ、取り乱し様が異常だよ?笑

まさかあなたがこうして自担になるなんて、あの日の私が知ったら腰抜かすかなぁ。それとも「あぁ〜分かる、だって気になったもん」って言うかなぁ。2016年のMUSIC DAY24時間テレビ辺りからゆるーくNEWSを推していた私を沼に引きずり込んだのはその年のハロウィンの増田さんで、でも心の奥の奥の深〜い所にはあの日のあなたが残っていたのかな、だから今の私があるのかな。気が付いたらあなたに落ちていた。

直接相対しているわけではないから“縁”という言い方をしていいのか分からないけれど、でも不思議な縁ってあるものだなぁ、不思議な巡り合わせだなぁ、と最初の邂逅を思い返すたびに勝手に感じています。まさかまさか娘までNEWS担になるなんて、本当に人生って不思議。

 

こうして誕生日に寄せて想いを綴るのは、去年に続き2回目です。

今年は、色々あるね。嬉しいことも辛いことも山のように。去年何もなかったわけではないけれど、この一年は色々あった。本当に。

だけど、それ全部引っくるめて飲み込んで “応援出来る” 私であることが、私は幸せです。清濁全部クシャクシャー!って丸めてごっくんって飲み込んじゃうことにしたの。そして、残ってるものだけひとつひとつ大切に数えるの。私今ジンベイだから。

楽しいのも悲しいのも苦しいのも悔しいのも嬉しいのも幸せなのも、全部全部あなたが好きだからNEWSが好きだから湧いてくる感情。もしかしたらこの“好き”を手放したら平穏な日々がやって来るのかもしれないけど、波風のない平和な毎日になるのかもしれないけど、でもそんなつまらない平坦な単調な死んだみたいに心の動かない日常なんて私はいらない。もうNEWSジャンキーだから、感情がジェットコースターになろうがこの“好き”のある毎日が私の日常で、もう都合良くいいとこ取りやつまみ食いなんか出来ない。アップダウン全部込みで寄り添いたいよ。あっさり降りたり手のひら返すなんて器用なこともう出来ないよ。人を全力で応援するってそういうことでしょ?同じ方向を向いて一緒に歩いてくってそういうことでしょ?私の中の“愛してる”ってそういうことだよ。

だから、シャープな顎のラインも好きだけど美味しいご飯いっぱい食べて、物憂げなアンニュイな表情も素敵だけどあのクシャッてなる笑顔でいっぱいいっぱい笑って、沢山よく寝て目の下のクマをすっかり消しちゃってね。

私の感情の起伏なんか、あなたの今の心中を思えば傷付いたうちになんて入らない。

 

シゲがゼロちん主演って知って、元々知ってる作品だったから尚のこと涙が出るほど嬉しかったよ。先月は、買い物に行って店頭で青梅を見るたびシゲを思ってた。いつか私の夢の場所に立つあなたを泣きながら見られるって、今も信じてるよ。

毎年色んなことがあるね。でもそれが生きるってことだよね。数日前にそうこのエントリーに下書きを綴ってたら、次の曲のタイトルが届いて泣いたよ。

どうか次の1年は、いいえ次の1年も、喜びと幸せに満ち溢れた1年になりますように。

もうそれだけに包まれればいいのに!ってモンペ丸出しで思うけど、でもきっとそうじゃない方があなたが何か新しい作品を生み出すための引き出しが増えたり深くなるんだろうなと思うと、分かったよ!もう全部受け止めてやるよ!全部抱きしめてやる!いいから何でも来いよ!信じてるから!ってドッカリ胡座かいて座り込んで、小っさいはずの風呂敷を一所懸命ぐいぐい引っ張って広げてしまうよ。

身に起こる全てを糧に出来る人だと信じているから。

 

お誕生日おめでとう。大好きだよ。

 

f:id:urnotalone:20180703063928j:image

 

 

urnotalone.hatenablog.com