U R not alone

NO NEWS NO LIFE WITH LOVE

心掛けとボヤキと経験則

 

自覚的なものは勿論のこと、例え無自覚なものであろうと、他担下げのツイートは私とは宗派が違うな、って凄く強く思う。

無自覚の方がある意味タチが悪い。悪意のない善意からの言葉なら尚更。その発言は、何かを損なう可能性を含んでるのに気付いてない。

例え名前を伏せてたって、その方の担当さんが見れば伝わってしまうレベルの伏せ方ならば、ちょっと考えれば悲しませることが容易に予想が付くなら、それはもう未必の故意じゃないか、完全な他担下げじゃないか、って私は思う。目に触れなければいい、は私の落とし所ではない。

 

受け止め方も感情も発言も皆自由だから、多様で当然だから、それを非難する権利も必要も私にはない。ないけど、澱のようなものは心の奥に溜まる。うん、心がどんよりする。いや、必要があるから書き殴ってるのかな?とにかく、誰かを悲しませる可能性を多分に含んだものは、見たくない。

見たくないならミュート、うん、その通り。そうすればいいのは頭では分かってる。分かってるんだけど、どこか割り切れない時もあって、自分の中のもやもやの形を明確に捉えて首根っこ捕まえてふん縛りたくて、こうしてグダグダと書いているのである。もやもやさせられないよう私の方向性をしっかり定めておきたくて、「私」の形も明確に捉えときたいのである。

要は傷付いたのだ。私。

他担の話であっても、G担という意味では私にとって他人事では全然ないのだ。自分の属するコミュニティに対して、これだから××担はって評価は下したくない。なのに、それを迫るような事象は日々起こってる。ビックリするくらい沢山世界に溢れてるし、ビックリするくらい物凄い身近で起こったりもする。近ければ近いほど、処理能力が追い付かなくて未必の故意に溺れる。

ただの感想、でもそれは確実に誰かの何かを損なう感想だ。私そんなもの認めたくない。

 

そもそも私、全肯定型・全受容型のゲロ甘おめでたい頭のオタクなんだけど笑、それでももし「ん?どした?」って思うような創作物が今後現れるようなことがあったとしても、それをSNSや何かで公に表明したり共有する必要は私には全然ない。例えそれが私の事実だとしても私の真実だとしても、彼らの足を引っ張るみたいなこと、わざわざしない。そうやって共有を外に求めることと愚痴垢ってやつの違いがいまひとつ分からない。うーん、私がおかしいのかな?彼らに関わる発言で公にするのは、基本ポジティブなことだけでいい。ネガティブな感情が湧いたとしても、自分の内に留めておきたいと思うし、どうしても苦しくなったら頼れる誰かにLINEする。ここに綴ることもあるかもしれない。とにかく閉鎖的に解決したい。

全てを考慮することは出来なくても、例え不十分でも、せめて、自分と違う立ち位置の人がそれを読んだ時に悲しくならないだろうかって推敲する私でいたい。自分の不甲斐なさや狭量さを言い訳にしたくない。都合の良い盾にしたくない。それはきっと、免罪符にはならない。

好きを先鋭化する余り何かを取り零したり損なったりするのは、アンリーと何が違うの?例え小山担でも増田担でも手越担でも、大きな括りではNEWS担。それだけで私は強い強い仲間だと思うんだけどな?どうやら世界はそういう風には出来ていないんだね。

 

そもそも、彼らがどれだけの覚悟と努力の上で表舞台に立っているか。ファンだからってそれを測れるわけがないし、プロだもん、常に全力に決まってるじゃないか。生きてる人間なんだもん、色々あるじゃないか。それも自己管理って言われちゃうのかもしれないけど、アスリートだって芸能人だって何のプロだって1人の人間だ。彼らも人間だ。お客様は神様じゃない、あなたも人間だ。去年のツアーの悲喜交々を経ても尚、あのThunderを聴いても尚、それでも言うのか。こっちの都合を、押し付けて一刀両断するのか。その人にとっては大切な一公演、そんなこときっと分かってるよ、だって他ならぬ本人が言ってたじゃないか、ならばその心情に思いを馳せようよ。どうして?更に、自担/他担でその評価に差を付けるのはフェアじゃない。その評価に、自分の腹の中の後ろ暗い感情を乗せるなんて尚のことダメだ。

 

とにかく、応援スタンスの宗派が違うんだね。オタクやってれば当然そんなこともあるんだよね。でも自分の好きを守るために誰かに線引きをしなきゃいけないのは、とっても悲しい。勝手に傷付いたし、勝手に悲しかった。

ネットであれ現場であれ活動範囲が少し広がると、入って来る情報も少し広がって、見解の相違にぶつかることも少し増えるから、諸刃の剣だなって思って切ない。ネットでも現場でも、望むと望まないとに関わらず、色んなことが目に耳に入って来た。色んな感情が湧く。理想と現実の差は本当世知辛い。ただここに一人思いを書き散らしていただけの、Twitterほぼほぼ放ったらかしだった頃の、自分対NEWSしか私の世界に存在しなかった頃が、唐突に懐かしくなったりする。でも、色んな沢山の熱い優しいあったかい激しい強い思いに触れたくて、やっぱり今日もアプリを開いてる。

 

これは私の経験則なんだけど、昔々の私の場合は、批評や批判を始めた時がオタクとしての引き際だった。両手を広げて享受出来なくなった時、あぁ終わりなんだ、もう私の中では終わってしまったんだ、と突然分かった。痛くて悲しかったな。

変わっていく彼らと、変わっていく私。その方向が分かたれたのは私が批評をおっ始めた時で、その批評は彼らの利になんてならない代物で、だから今も私は批評って怖い。苦手。おこがましいと思う。嫌い。

だからNEWSに対しては、大好きだけを発信したい!!!!

無理解な人達に舐められていた状況を、実力でどんどん引っくり返して行く人達が大好きだ。米津さんも、有川さんも、そしてシゲも。批判するオタクに成り下がりそうになってそっと離れたけど、LDH立ち上げをファンとして見つめていた頃の私も、きっとおんなじ気持ちだったんだろうな。私の根っこは案外変わんないんだな。

 

そんな今日も今日とて私はNEWSの4人が大好きで、ごちゃごちゃ考えんな!それだけでもう充分じゃねーか!って自分を鼓舞しながら、優しいあったかい場所だけを渡り歩きながら、時々派手に蹴っ躓きながらネットの海に思いを放り投げてます。

 

以上、吐き出しでした。吐き出したからには、もう負けない。負けたりしないぞ。