U R not alone

NO NEWS NO LIFE WITH LOVE

EPCOTIA pre-FLIGHT LOGs

お題「NEWSアルバム『EPCOTIA』レビュー」

今年もたくさんのレビューを拝見したいので!レビューと言うにはあまりにも烏滸がましいエントリーですが、綴さんのお題に全力で乗っからせていただきます!ありがとうございます!音楽に関する子細な専門的な知識もなく、オタクとしての妄想力も分析力も低く、主観と熱量だけをネットの海に放り投げるのが信条です!

 

f:id:urnotalone:20180323003835j:image

2018年3月21日発売、NEWSの新アルバム『EPCOTIA』は、

EXPERIENCE PLANETS,A CORNER OF THE COSMOS.LET'S GO TRAVELING INTO ASTROWORLD.

「星々や宇宙の片隅を体験しながら、一緒に旅に出よう。」

NEVERLANDから続く、そんな壮大な物語です。

この視聴は、宇宙旅行と同義。

 

アルバム名発表後、ずっと えぷこてぃあえぷこてぃあ 言い続け過ぎて、“言いにくい”とか“覚えにくい”といった概念はとうの昔にどこかに置き忘れてきました。もう言葉が私に沁みて溶けてる。

 

レビューなどと呼べる大それたものでは全くありませんが、EPCOTIA LINER搭乗前の、初回盤チケットを手にしたpre-FLIGHT後の今の想いを、備忘録としてまとめておこうと思い立ちました。
ちなみに当方、箱推しシゲ担です。
よろしければ、お時間のある時に!しばし拙文にお付き合い下さい。

 

 

この先長々と書きますけども、いや本当にそれはそれは長々書いとるんですけども、簡潔にざっくりまとめると、


三十路のNEWSの本領発揮。

真骨頂。

 

それが、初めてEPCOTIA全体を通して聴いた時に湧き上がってきた感情でした。

NEWSは、少年性と大人の色気が背反しない。
それらが共生しているだけでもきっと希有なことなのに、しかも両方向にべらぼうに突き抜けて振り切れて強い。

キラキラアイドルの、眩しい爽やかな歌。
アラサーアイドルの、婀娜っぽい大人の色気の歌。

それらのトラックが背反なく並んでいることに、安室ちゃんのSWEET 19 BLUES、

もうすぐ大人ぶらずに
子どもの武器も使える
一番 旬な時

このフレーズが思い浮かびました。

勿論みんな19歳ではないし、それどころかもうとっくの昔にいい大人になっているのだけれど、EPCOTIAというアルバムには、楽曲の大きな大きな振り幅から、NEVERLAND以上にそれらの両立を感じるのです。

実年齢より若く見えることを武器にしたかのようなフレッシュさと、
実年齢はいい大人であることを武器にした艶っぽさを。

それこそがまさに、三十路のNEWSの本領発揮であり、今のNEWSだからこそ出来ること、大人のNEWSにしか出来ないことの真骨頂であるように思うのです。

三十路になっても変わらない所、三十路だから出来るようになっていく所。

私も社会人としてはNEWSと同期ないい大人だから、この「大人の今だから歌える曲」がとにかく嬉しくて嬉しくて。勿論アイドル誌で見せてくれていたパステルカラーなワチャワチャ可愛い部分も大好きだし、キラッキラのジャニーズアイドルソングも大好きだけど、NEWSがまるで「いい大人のためのアイドル」に進化したみたいに思えて、心底痺れました。私、いい大人だから。NEVERLANDに感じていた「最高」が、期待以上の鮮やかさで上書き更新されました。

最新作が常に最高で最強って、私どれだけ幸せなオタクなんだろう。たとえ頭の弱い全肯定型のおめでたいオタクであろうとも、前の方が良かったとか自分には合わないとかもっとこうした方がいいとか言い出したり批評したりすることがどれだけ不毛で苦しいかを昔々の実体験として知っているから、頭おめでたい現状が幸せで幸せで泣けてきます。EPCOTIA、聴いてるだけで泣けてくる。

 

そんな「今」を忘れないように、徒然なるままに、熱量やテンション、ボリュームも様々に、ひとつひとつへの今の想いのあれこれを綴っていきます。

 

 

1.EPCOTIA SAFETY GUIDE -INTER-

中高生くらいまでは二次オタコースをゆるっと歩いていて声優界隈にも少しだけ詳しかったのだけれど、イヤイヤそれ何年前だよ!すっげー大昔だな!って話だし、大学生になったくらいからアニメを全然見なくなって久しかったのですが、そんな私でも知ってる!!沢城みゆきさん!!!!去年か一昨年くらいに見た声優さんのランキング番組で、山寺宏一さんにめっっっっちゃくちゃベタ誉めされてた七色の声の方!!加地さんが!ジーニーが!ブラピが!チーズが!山ちゃんが!ベ!タ!誉!め!!!!そして、NEWSな2人のナレーションをなさっている身近な方…!

前作NEVERLANDの時、INTER 矢島さんだ…!凄い…!!あったかくて紳士的な声のMr.impossible 最高だ…!!!!って震えて、もしも次作にもINTERがあるならば、どうかまた贅沢で素敵な声とご縁がありますように…なんて願っていたんです。叶った…最高だ…アルバムEPCOTIA、のっけから最高が確約されてる…(´•̥ω•̥`)

 

2.EPCOTIA

宇宙の壮大さと高まるワクワクを詰め込んだみたいなアルバムリード曲。

Kラジでの初O.A.から此の方、ずっっっっと夢中で毎日聴いていました。いい大人のポンコツ脳なのに、アルバム発売前に歌詞を完全にインストール出来てたくらい聴いた。うちの小1強火小山担(7)と共に、hey!!!!の練習にも余念がありません。同行者にも「練習セヨ!」って指令を出した。

去年同じように初日に向けてNEVERLANDを繰り返し繰り返し聴きながら、「人生でこんな短期間にひとつの曲ばっかりこんな聴いたことなんてあったかな?」って思っていたことを思い出して、去年の私に向かって「またあったよ」ってフフッてなりました。初日が札幌である限り、きっとずっと続いていくよ。

 

3.KINGDOM

ベスアでの披露の後、次なるシングルとして沢山聴けるのかな?♡と思っていたら、手が届くと思ってたのにいつ届くのか分からなくなって切ないような、でも全く別の新しい曲も聴けることは喜ばしくて嬉しいような、メンタル忙しい思わぬお預けを喰らった曲。そんなに前のことではないのに、「ん…?!?!LPS…?!?!それ突然どっから出して来た…?!?!」ってビックリさせられたことがもう何だか懐かしいです笑。

私、NEWS担になったばかりの頃、しばらく発売されたばかりのQUARTETTOと美恋の円盤しか持ってなくて、ローテを繰り返すうち、何故かドームを震わせて広がるように響くW o o o o oの虜になってしまって(イントロではなくLet me let goの前後の方)。円盤2枚しかなかったからローテでそればっかり擦って、だからきっと私は世間での評価よりも強固にQUARTETTOが好きで、更に何かANTHEMのコーラスが無性に好きで。去年のアリーナ公演ではセトリになかったサッカーソング、響いて広がっていくコーラス込みで、大きく期待してしまいます。


4.TWINKLE STAR

常々長い長いとは思っていたけれど、思わず3人と見比べた自担のまつげ。

…えっ?…えっ?!って思わず声が出たくらい長くて、そういえば左斜め上から見た伏し目がちな角度に落ちたんだったと思い出す。そうか、まつげだ。

もう一度だけ 君と見つめ合えたら

ここが刺さる。グサグサと刺さる刺さる。最早苦しいほどだ。聴けば聴くほど私のことかな?って思えてきてしまって(違う)、いつ何時でも軽率に泣く。自宅は勿論のこと、通勤中の車内だろうが職場の駐車場だろうが泣く。(思い入れが重過ぎるオタク)

 

去年、3〜4mほどの距離にいた自担の目線が、アリーナセンステ脇の私の手元の団扇に落ち、私の顔の高さに戻ってきました。目を合わせてくれた。ような、気がした。ファンサ団扇ではなくてメッセージ団扇だったから、既読を付けてもらったみたいな、気がした。

勘違いと言うにはあまりにも近く、紛うことなき事実だと宣言するにはほんの数秒。

どちらが正解なのか分かればいいのに、って願って、もう一度だけそんな幸運にまた恵まれたら、って願って。でも、そんな願いは散りとなって銀河の果てに霧散するんです。そんな私の思い込みも含んだ心象は、補整されゆくし薄れゆくし、そもそも天の川みたいな無数のペンラの海の中の小さな小さなちっぽけなひとつでしかないんです。

目の前から消えてしまって もうこの目には見えなくなってしまったものを、過ぎ去ってしまって もう2度と戻ることのない時間を、時を経る毎に朧げに薄れて忘れて行く感情を、筆を走らせている間だけは、その拙い文章を読み返している間だけは、熱量を伴って自分の中に甦らせることが出来る。そう思って、宛名のない文みたいな誰に向かうでもないエントリーを去年山のように綴りました。勘違い?現実?って返事のない問いを繰り返してた。

そんなはてブ以外に行き場のなかった気持ち達を掬ってくれたみたいで、この歌を聴くたびにグサグサ突き刺さっては軽率に泣きます。

もう一度だけ 君と見つめ合えたら

それはまさに私の叶わぬ願いで、真駒内でこの歌にすんげえ泣いている女がいたら、それはきっと私です。(マジ重い)

 

5.ワープ中 -INTER-
6.LPS
(12.異星人とのコンタクトについて -INTER-)

LPSって本当にラブでピースでスマイルな曲だから、アルバムの中に配置するに当たって、宇宙色の薄いこの曲をどう染めるんだろう?去年のNEVERLAND〜アン・ドゥ・トロワ〜EMMAの流れみたいに、宇宙みの強力なEPCOTIAからの流れに乗せるのは世界観が違い過ぎるだろうし…。

そう思っていたら!機内音楽!!いやー本当天才!!宇宙旅行中、機内で流れるのは地球の音楽、そりゃそうだ!導入が自然!!INTERって、並べるにはあまりにも毛色が違い過ぎる楽曲の緩衝材みたいに思っていたのですが、こんな最高ないざない方ある?!いや、ない!!って叫びたくなるやつ。

今回各INTERの中に、機長の「コーティ・ティプトリー」とか「冴えたやり方は、たったひとつです」とか、航空用語とか宇宙研究分野の言葉とか、耳馴染みのない耳に残る言葉が随分散りばめられているなぁと思ったら、宇宙旅行に関連のある色んな物へのオマージュなんですね?!私、宇宙方面はからっきしで、自力で解明出来ずに困ったら「解読班ー!おられませんかー?!」って探しちゃうタイプのポンコツオタクなので、TLで把握。ポンコツだけど、謎が解き明かされていく過程は大好きで、ふおおぉぉー…!(´✪ω✪`)ってワクワクします。

『たったひとつの冴えたやり方』、是非読んでみたいな。


7.恋する惑星

はい!( •̀ω•́ )/ 私、この曲でC&Rしたいです!!そう思うのは私だけですか?!?!

(君まで何光年?)

(続いていく運命)

(太陽と月のように)

↑ココ…!!!!

恋する惑星、ポップでアイドルみ強くてあざと可愛くて大好き。どんな振り付けなのか、楽しみ!

参戦中、イントロなしの慶ちゃんの歌い出しに「キャワイイッッッ(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾」ってうっかり大っきな声で口にしてしまわないよう努めます。でないと、隣のうちのヤクザ小山担から「…カッコ良いでしょ…?!?!(ꐦ°᷄д°᷅)」ってグーパン飛んで来るかもしれない。

「言い直ーーーーし!」って。(o`・д・)≡〇)`A゚)ノ、;'(訂正強要の前歴あり)

 

8.JUMP AROUND

私、NEWS落ちに周囲がザワ付いたほどの元アンチジャニーズ且つ事務所立ち上げ前から10年弱年季入ったLDHオタだったから、昔の私が今の私に向かって「ぉおん?今のてめぇとは全く相容れねぇぞ…!?」ってメンチ切って来て、彼女とは脳内抗争状態みたいになっていたのに(今も昔も一途に盲目になりがちオタクだから)、ある日突然笑顔でがっつり肩を組まれて離してくれなくなったみたいな世界線。こんな世界があるなんて聞いてないぞ??これが世界の選択か?!この世界は私のSTEINS;GATEか?!最高かよー!!!!。+゚(゚´Д`゚)゚+。

前にも書いたけど(下↓に貼ってみた)、簡潔に申し上げて
LDH上がりのNEWS担を殺す歌です。
懐かしさ大爆発で、SE◯ONDかGENE◯ATIONSが歌ってそうなカッコ良い歌だな!って痺れた(※とうの昔にLDH降りた人間の個人的見解です、石投げないで、本当ごめんなさい_(:3」∠︎))。今の私と昔の私の和解が一瞬でなされた。まっすーが繋いでくれた。

urnotalone.hatenablog.com

 

9.ドッキング -INTER-
10.AVALON

到着してドッキングした先がAVALONだなんて、出来過ぎててエモ過ぎる。
アヴァロンは、アーサー王物語の舞台、ブリテン島にあるとされる伝説の島。戦で致命傷を負ったアーサー王が癒しを求めて渡り最期を迎え、「幸福の島」「恵みの島」という概念を持つ。

…島……島??

えっ…島?!?!島だ…!!!!Nの形の島、NEVERLANDの次の、Eの島?!?!

旅の目的地、最も地球に似ている惑星と言われるケプラーに、Eの形をした「幸福の島」AVALONがあるのかもしれない…!!!!

ライブDVD初回盤の、端っこに角だけが見えていた島!!

通常盤ジャケット裏側の右下隅、懐かしいNのフォントとEPCOTIAのEと、2マスの空欄だけで高まっていた想いと思い込みと深読みが、ここに来て大爆発します。

未来と過去 つなぎに旅立とう

過去と繋がった島。2マス分、未来へと繋がったらいいな。と願ってしまいます。


11.IT'S YOU

ちょっと突然突拍子も無い話を始めますが、“アリー my Love”という海外ドラマをご存知でしょうか?97年から2002年にかけて、NHKでERみたいに深夜に放送された、アメリカの法律事務所のドラマです。私、全5シーズン全部のDVDboxを持ってる程度にはどハマりして。ゲストにスティングやエルトン・ジョンマライア・キャリーをご本人として迎えたり、レギュラーキャストにジョン・ボン・ジョヴィやロバート・ダウニーJr.がいるシーズンがあったり、贅沢なサプライズも多いドラマでした。

と、ちょっと前置きがかなり長くなってしまったのですが笑、IT'S YOUを聴いて、アリーとビリーみたいだなって思ったんです。幼馴染みでお互い最愛の初恋の相手なのに、離れてしまって、再会した時にはビリーは既婚者になっていて、紆余曲折ありながらも「理想の人にあんなに早く出会ってたなんて思わなかったんだ!」って本心を確認し合って、なのにビリーは法廷で倒れて。今際の際に「最後のFirst Love」であると告げて逝ってしまうんです。んー!上手く端的に説明出来ないのがもどかしい!!何かまるでドロドロ不倫みたいにしか書けないポンコツ!!テレビでその回を初めて見た時もDVDで見返した時も、あんなにボロッボロ泣いたのに!!とにかく私にはIT'S YOUはアリー my  Loveなんです。(もう説明は諦めた)

 

12.異星人とのコンタクトについて -INTER-

シゲの朗読って、どうしてこうも誠実であったかいんだろう。編集後記だって、今昔写真館だってそうだ。もしかしたらSAFETY GUIDEみたいに「無機質」に表現しているのかもしれないけれど、声に熱がある(と私は思う)から、どうしたってそこには温度が滲んで心地良い。

 

しかし、その異星人がえろい。えろくて強い。


13.UFO

この曲、もしかして全シゲ担が死屍累々とそこらじゅうで野垂れ死んでませんか…。私の勘違いでなければ自担がソロパートでとんでもない台詞吐いてませんか…吐いてますね…。

もっとオレが欲しいんだろ

って。0(:3 )~ =͟͟͞͞(’、3)_ヽ)_

ここだけ切り取ると凄いオラオラ!!フェロモン!!⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾一体どんな顔して歌うの。

歌割りを考えてらっしゃるプロデューサーさんに一体何を贈れば感謝を伝え尽くせるでしょうか…。願わくば、そこを歌う時にお顔がこっちの方向いてますように…この際、真後ろでさえなければ何でもいい。

会いに来てくれてありがとーー♡が基本スタンスな人達が、

このオレに会いに来たんだろ

って。死ぬ。去年の大人バンビーナの衝撃みたいな破壊力で死んでしまう。

 

…かーらーの!次曲!

瀕死のオタクの溶け切った脳に畳み掛ける!

 

14.EROTICA

こういうの待ってた!!!!ソラシゲでのO.A.後、毎日リピートが止まらなかった!!!!去年のMステセクシー対決を足掛かりとして、真っ直ぐ過ぎる程に真っ直ぐな応援歌の王道アイドルソング路線と共に、こういう大人の色気ムンムン路線を2大メイン路線に打ち出す曲者アイドルになっていって欲しいと思ってましたー!!!!

美的とかレタクラとかan・anなんかも媒体に、もしもこの先アラサーアラフォーを新規開拓先・ターゲットとしていくならば、この路線が大正解ではないか!と!!an・an+ジャニーズって聞くとあのお尻を思い出しちゃう現役アラフォー岡田大野世代は!!思うわけです!!!!(大声)

ゲスいことを楽しめるような耄碌はしていない、純粋培養な綺麗事はだんだんそぐわない。イヤ、でもにゅす恋は全力でenjoy!の精神で挑むけどね!笑

とにかくまぁそんな世代には、“男の子”だけじゃなく“男”をもっと押し出していきたい。(誰)(我ながら困惑)

去年ジャムには一緒に入ったのに帰り道「いや〜、関ジャニは来年も来たいけどNEWSはちょっといいかな〜」って言ってた同級生にEROTICAラテン男を送り付けて、その認識を悔い改めさせて反省文書かせたい。ラテン男は正義だ。だって、キャンデロロのダルタニアンは正義だろう?(モンペ)

聴きながら、脳裏に浮かんでいるのはSilent Loveの映像と赤とか濃いぃピンクの照明です。

f:id:urnotalone:20180324172403j:image

 

もうシゲフェロに当てられて酸欠で水面の金魚みたいに口パクパクしてるのに、不整脈出そうなくらい動悸してるのに次が来る。

 

15.BLACKHOLE

UFOとBLACKHOLEはシゲ担の墓場。とんでもないやつ第二弾。

しっとりした声のまっすーのゴリゴリのラップと、曲調が突然大きく切り替わって入ってくるドライな声のシゲの歌。その対比に うわーーーー!!って一瞬で頭抱えるのに、う、後ろから…?…え…?鷲…?鷲づ…何ですと…?( ºωº )って次の瞬間にIQゼロにされます。

その阿呆になった脳天に、この曲、I'm comingなてごちゃんの笑い声?みたいなエフェクト?何か入ってません?聴こえるの私だけ?頭わいてるオタクの空耳かな?とにかくそれが聴こえてくるたび電気走って、ぎゃー!笑ってる!ぎゃー!また笑った!って電気を肴に大騒ぎします。

そうだ、もしもさっきの同級生にEROTICA反省会を促すなら、もれなくBLACKHOLEも送り付けよう、そうだそうしよう。聴け!これが進化した我が軍だ!!

 

…ってイキり立ってたら、INTERではなく、アウトロのコンセントをいきなり引っこ抜かれたみたいな音で方向転換を図って、

16.星に願いを

振り幅!!BLACKHOLEから一転、入りのまっすーがピュアピュアでしんどい…!!あんなにゴリッゴリに韻踏んでたのに!!ぇええぇぇっ…?!?!って毎回新鮮にしんどくなって頭真っ白けになって、イノセンスのイントロでハッ…!って我に返る始末。

 

17.イノセンス

気付け薬になるほど、イントロの懐かしさが凄い。90年代みが強い。脳内でHISASHIとTAKUROがギター搔き鳴らし始める。今も昔もビジュアル全然変わらないJIROちゃんのベースが聴こえる。TERUが赤いツナギでEXPOの野外ステージに立ってる。だってグロリアス

誰かの 錆びたあのイノセンス

で始まるじゃないか。90年代+イノセンスGLAY。これ私にとっては実質SCREAM状態。私得コラボレーションユニット再びで震える(※妄想)。ターゲットは若いお嬢さんではなく、まさかその頃中高生だった私世代?いやむしろ私?って思い込み激しいから錯覚しそうになる。今の、世間にスレちまった大人の私じゃなくて、あの頃の、今よりたくさん流行りの音楽を聴いてラジオ聴いて(余談、船守さんじゃなくて、ティーチャーとヤビー派)、流行りの歌は一通り歌えて友達と何時間だって声が枯れてもカラオケボックスに篭ってた、イノセントな中高生の頃の私が疼く。懐かしさに軋む。私はその90年代にGLAYが大好きで、NEWSのイノセンスにはBELOVEDっぽさや春を愛する人っぽさを凄く感じてしまって、全っ然尺合わないのに、マッシュアップを試みてBELOVEDサビを車内で一人突然歌い出したりします笑。

 

18.帰り道 -INTER-

EPCOTIAツアーでお待ちしています

は即ち、

NEVERLANDツアーへ続く…!

今年も参戦の幸運に恵まれたから、この踏襲と“選んでくれてありがとう”って言葉がくすぐったいくらい嬉しい。NEWSを見つけてNEWSを選んだ過去の私と、そして他でもないNEWSに、ありがとうって全力で伝えたい。今年のNEWSコールは、恥も外聞もなく叫ぶ。だってすぐ側にいるんだもん。コールが届くんだもん。もうあんなことで傷付かない。もう誰にも何も言わせたりしない。という決意。


19.HAPPY ENDING

君の夢を聞かせて欲しいんだ

何度でも言うよ。聞かせて欲しいって歌ってくれるなら、何度だって言うよ。

私、いつか福住駅から涙目で札幌ドームを見つめたい。地下鉄駅を出るなり早々に泣きながら、あの道を札幌ドームに向かいたい。早!って誰かに笑われたい。呆れるように笑われてやっと、そしたらきっと「現実なんだ」って実感出来る。

きっと今年の夏も、エイターの友人が私を札幌ドームに連れてってくれるだろう。4連のうちの1枚は私のために取ってくれるだろう。だけど、絶対的に違うんだ。私にはどうしても彼らじゃなきゃダメなんだ。

去年の夏、口にしたら涙が溢れそうな気がして、あの場所で夢を言葉にすることは出来なかった。今年は、もしまた札幌ドームに行けるなら、言葉にして来ようと思う。涙は出ると思うけど、一切引かずに一切負けずに言霊を置いてこようと思う。たとえ絵空事でも、どんなに非現実的でも、叶うはずないと諦めて夢を見ることを止めたりしたくないんだ。絵空事を、いつか届く・いつか叶うって信じて、大きく大きく空いっぱいに描いて生きていたいんだ。

 

 

 

 

 

以上、レビューとも感想文とも違う、ごく私的な備忘録あれこれ。

はー!書くのに4日かかった!笑

ソロは4人まるっと大好き過ぎて、それぞれの演出が楽しみな気持ちが溢れ過ぎて、逆になーんも書けませんでしたー!!_("_´ω`)_ もし本腰入れて書き始めたら更に一万字増える←

とにかく初回盤収録曲については一応網羅出来たので、よーし、ライナーノーツ読むぞー!!待ってろー!!。・*・:≡︎三(/´✪ω✪`)/

 

31日の晩にはこれらの想いに更に新しい気持ちやビジョンや体験を乗せられるのだと思うと、今からワクワクします!!

今年もまた、ここに溢れる何某かを綴れたら、と思っています。FLIGHT LOGを綴りたいと思います。

 

 

EPCOTIA(初回盤)(CD+DVD)

EPCOTIA(初回盤)(CD+DVD)

 
EPCOTIA(通常盤)

EPCOTIA(通常盤)