U R not alone

NEWS愛とシゲ愛なら一切引かない

覚え書き。

 

RINGを読んで、昔々LDHヲタだった現NEWS担の胸に去来したものの覚え書き。私的メモです、悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下半期何かがあるよ♡の気配ではなく、下半期のために“戦う”姿勢。

 

あぁそっか。いつかどこかで見た、ドームツアーは20万枚がボーダーライン説や、そこに届かない状態でドーム公演をすると次のシングルの余力がなくなる説、あながち間違いじゃないのかもしれない。今年の公演先は、もしかしたらそういうことなのかもしれない。

 

ならば。

 

全ファンが各々たった一枚追加するだけで数万枚売り上げが伸びるじゃないか。例えそれが現実的な案じゃなかろうと、その心意気を秘めてフラゲ日に一枚追加しようじゃないか。

 

NEWS担になって初めて、そんな意識が芽生えました。

FC二年生になったしね!えっへん←

 

お金を落とすことだけがファンが彼らに対して出来ることだとは思いたくないけれど、手紙書いたりテレビリアタイしたり局にメールしたり葉書書いたり雑誌のアンケート答えたりツイートしたり色々あると思うけど、

でも売り上げ=活動の大きさなんだ。それは揺るがしようもない事実だ。

 

 

 

それと並行して、

古巣の今年の再始動。

 

休止期間中はどうしても他Gに人は流れて行くから、時勢に乗った若いGが今凄く強いから、その母体ではあるけど果たして今実際の需要はどうなんだろう…?なんて遠巻きに眺めてる。

昔々の危機/休止の時は、追い迫る後輩Gなんてまだなくて、みんな彼らだけを切実にただひたすらに待ってたから。

 

継続は力。続かないと、零れ落ちていくものが絶対にある。

だから、沢山の先輩後輩Gに囲まれる中で休止を繰り返したNEWSの道の困難さを、現状の厳しさを、先行きの険しさを、改めて思う。

 

続いていたら地力が違ったかもしれない。

でも続いていたら、きっと惹かれてなかった。

 

歌い直しが今嬉しい。

古巣ではオリジナルとの違いが辛かった。

 

そんなダブルバインド

 

 

私が入った10年前はきたえーるだったグループが、今はドームでコンサートをしてる。

福住駅からベソベソ泣きながらドーム魂に向かう夢を叶えるためには、私には何が出来るのかな。