U R not alone

NEWS愛とシゲ愛なら一切引かない

私的グリーンマイル

 

無事に走り切ることを、遠くの地からコッソリ祈っていました。

グリーンマイル カンパニーの皆さん、
千穐楽お疲れ様でした!!!!

 

 

 

今回は、全公演が終わってからしようと思っていた、「私のグリーンマイル」の話をしようと思います。

観劇してないけど!!(*ノ∀︎`*)ゞ

 

 

 

 

 

グリーンマイル公演は、

場所が東京や京都であることとか、自分の仕事とか夫の仕事とか、子どもの年齢とか学校とか預け先とか、もう どうにもこうにも状況は私が観劇することを許さないものでした。こればっかりは本当仕方がない。

 

ツアーの時と違って蚊帳の外なのがちょっと寂しくもあって、あーあ独身だったらなぁとか、フルタイムで働いてたらなぁとか、実家は空港まで10分なのになぁとか、「もし××なら行けてた?」ってグダグダ不毛なことも考えたりちょっと腐ったりも一時してましたが、

でもやっぱり舞台のお仕事が入ったことは凄く凄く嬉しくて、

行かないくせに雑誌の記事を読んではワクワクして、公演の記念にグッズが欲しいなぁと思いつつ、手広くグッズ代行をしている方のツイートが気になってもメルカリやminneと違う個人取引には及び腰。かと言って、海を渡って買いには行けないし、仕方ない!よし!色んな人のレポで楽しませてもらおう!(っω<。 )と前向きに気持ちの舵を切りました。

 

 

 

 

 

なのに、

この私の逡巡、及び腰に気が付いて 気に留めて下さった方がいて。

 

 

 

だから、

今、私の手元には、これらがあります。

f:id:urnotalone:20171104094240j:image

 

何よりも嬉しかったのは、気が付いてくれたこと。

声を掛けてくれたこと。

快く代行してくれたこと。

超特急で届けてくれたこと。

その中には溢れるほどの優しさが沢山詰まっていたこと。

どこからどうお礼を言っていいのか、どう言えば感謝を伝え尽くせるか、考えても考えても足りない気がして、途方に暮れてしまいました。

手に取る度に湧く感謝をその都度伝えるのは立派な迷惑行為になりますので自重します←

 

 

 

 

 

荷物が届く日は丁度仕事が休みの日で、朝から気もそぞろでソワソワと用事を足していたのに、ポストに投函されたことに気付いたのは何と夫 Σ(゚Д゚ノ)ノ(同じく休日だった)

彼はメルカリかネット通販の類いだと思ったようですが、

夫の手からシゲを受け取るというのは、浮気される側に浮気の手引きをさせているような、謎の罪悪感にものっ凄い苛まれました笑。(lll-ω-)あれはもう二度とイヤですね笑笑。

 

なので(?)すぐに開けるのも何か躊躇われ、かと言ってコソコソすると逆に注目される恐れがあり(←自意識)、風邪っぴきの小山担を車で迎えに行く係を珍しく買って出て「夫の目の前から消える作戦」を取りました。我ながら姑息。

 

「行ってきまーす!」と家を出て車に飛び乗って、エンジンもかけずに速攻でドキドキしながらちょこっと開封したものの、

チラッと覗くなり「あ ヤバい、コレ運転出来なくなるぞ」と助手席に慌てて引っ込めました。

 

フライヤーが目に入ったから。

 

お願いしていたのはパンフレットとグッズで、TLで「フライヤーがもうない!」というツイートも多々見ていたし、まさかまさか目にすることが出来るとは、手にすることが出来るとは、全く微塵も思っていなかったんです。

一緒に入れてくれた優しい思いに震えて、でも外で泣くわけにはいかない、と助手席にグイグイ押しやりました。

 

涙目で深呼吸して、「封筒も入ってた気がする….もしお手紙だったらまず読みたい….」と薄目で引っ張り出したら、メッセージの他に、何とジャニショのお写真もいっぱい入れてくれていて。

しかも、「これが一番好きだな、欲しいな」とずっとずっと思っていた一枚が入っていて。

更に、うちの小山担へのプレゼントも入っていて。

優しい気持ちとそんな偶然が これでもか!ってくらいいっぱいいっぱい詰まっていて、結局ひと泣きしてから学校へ向かいました←

 

 

小山担達を連れ帰って来たら夫はソファで寝落ちしてしまっていて(GJ!笑)、子ども達は居間で宿題+おやつにしてもらい、一人でコソっと二階の小山担の部屋に上がり、涙で濡れないように自分から遠巻きに、改めて荷物を広げました。

そうしたら、

 

 

「私がネットで仲良くさせてもらっている人は、本当に実在しているんだ」

 

 

そんな至極当たり前のことが、突然もの凄い実感を伴って急に迫って来て、

初めてその存在に「触れた」気がして、

優しい気持ちを届けてくれたことに対する感謝や感激だけでなく、何よりもその「実感」が溢れて、いい大人がボロボロボロボロ泣きました。

すっかり諦めていた物が、ネットでしか見たことのなかった物が目の前にある喜びと、それが今目の前にあることの「縁」に泣きました。

 

むかーしいた部署にSMAPファンの先輩方がいたり、同期に年季入ったV6ファンがいたり、今の職場に以前アラシックが複数いたり、学生時代からの友人がエイターだったりするけれど、

私、

NEWS担としてどこか孤独を感じていたのかもしれません。

だから寂しくてブログ書いたりツイッターしたりし始めたりして(うちの小山担は特段布教せずとも勝手に完全に仕上がってたけど)、その子どもみたいに寂しがってた部分が、凄く癒されたような気持ちになって泣きました。

 

 

 

縁の主に、いつか絶対にお会いしたいなぁと思っているのですが、泣かずに会える自信は全くありません。

こうしてブログを書くようになったのも、ツイッターで呟くようになったのも、そのお陰で今こんなにNEWSが好きになったのも、その好きが薄まる気配などなく上書き更新され続けているのも、全部全部その方との縁があればこそで、多分私、メイク溶けるほど泣いてしまうと思います笑。

のっけからマスカラまみれの顔を晒すわけにはいかないので、頑張ってメンタル鍛えますね!笑笑(๑و•̀Δ•́)و

 

私的グリーンマイル、最高に痺れました。