U R not alone

NEWS愛とシゲ愛なら一切引かない

彼らが本気で編むときは、

 f:id:urnotalone:20170908063752j:image

何故か元々前々からずっと関心のある題材で、

この役への斗真君の想いにメディアで触れて俄然断然高まり、

ずっと見たいなぁ見たいなぁと思いつつ、

近所での上映がなくて、

うちの小山担達を留守番させて市外に出掛けるわけにもいかず、

ついぞ劇場公開中には映画館に足を運ぶことが叶わなかった映画。

 

 

“彼らが本気で編むときは、”

 

 

今か今かと首を長くして円盤化を待って、

やっと出て、待ってましたーーーー!!!!とばかりに速っっっっ攻で見ました。

(これ、JStormレーベルなんですね!?無知だから「( ºωº )!?!?確かにジャニタレだけど歌じゃないよ?映画だよ!?!?」って のっけから何かビックリしてしまった笑)

 

 

 

 

※このエントリーを読まれる方は、この映画を既にご覧になっていることを前提として以下お話させていただくことをご了承下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

MTFトランスジェンダーの女性、という難役。

そこに挑むことが、例えファンから賛否両論生まれる可能性を孕んでいるとしても、離れてしまうファンがもしかしたら出るとしても、それでも挑みたい。

確かそんなニュアンスの斗真君のインタビューをどこかで見て、

 

朝ドラあぐりであんなにめっちゃくちゃ可愛らしい少年だったのに恐ろしく漢っぽく成長した彼が!、キングオブ男への飛び入り参加がめっちゃ格好良かった斗真君が!(あれ以来、聴くと騎馬立ちで正拳突きしたくなる元空手家)、あの中津が!←

きちんと女性に見えるよう、少しでも華奢に見えるよう、所作や体位に物ー凄く努力されたこともテレビで見て、

 

そこに俳優 生田斗真 の熱い俳優魂を感じて、

どう演じたのか、どんな映画なのか、

ずっと気になって気になって仕方がありませんでした。

 

“秘密”の、綺麗で小柄で制服を着るとコーコーセーみたいな少年のような少女のようなドSの薪さんは、骨格がしっかりしてる背の高い斗真君よりも、ビジュアルはてごちゃん適任….と思ったのはここだけの秘密….。と思いつつ最新刊読了。青木とアートとジャックと高力士が好きです←

 

 

 

 

 

 

 

斗真君の登場シーン。

マキオとトモを迎えての一言目。

 

 

 

「おかえり」

 

 

 

 

 

たったその一言に、その声に、

震えました。

 

その一言だけで、

何故だか胸がいっぱいになってしまって、ふいに涙が溢れて来ました。

 

 

私の見知っている斗真君は、どこにもいなかった。

のちの川沿いの土手を自転車で爆走するシーンで一瞬だけ斗真君が顔を覗かせたけれど、

予想のずっとずっと遥か上を行く声で、

リンコさんという女性が、

ただそこに圧倒的に存在していた。

 

斗真君が演じている女性である、という認識が何だか持てなくなって、

斗真くんの演技が上手いとか役になり切っているとか、そういう類いの感情ではなく、

画面の中に、この映画の中に、

 

リンコさんが確かに生きている。

 

そう感じました。

 

 

最初の、

たった一言だけで。

 

 

 

 

 

お前は生意気な口しかきけないのかー!!!!という年頃に差し掛かった、傷付いて棘を全身フル装備してしまったようなトモを「可愛くて仕方ない」と寄り添って可愛がるリンコさん、

施設入所者の方々に対し、マキオに一目惚れされるほど心を込めて丁寧に丁寧に接するリンコさん、

あまりに愛情に溢れていて、

普段の自分の母として・仕事人としての姿勢を反省することしきりでした('、3_ヽ)_

憧れる。

 

最近 今昔写真館ゲストをなさった田中美佐子さんがリンコさんの母親役で、

全然知らなくて不意打ちの登場に何か嬉しくなってしまうというシゲ担モードをちょっと発動しつつ笑、

娘を理解し、守り、戦う、ちょっと蓮っ葉で素敵なお母様で、

これまた憧れる。 

 

 

だけど、現実は厳しくて世知辛くて、

劇中、色んな偏見が彼らを傷付けようとするたび、色んな無理解や無知の壁が立ちはだかるたび、

お前も登場人物なのかよ!ってくらい毎度毎度リンちゃんやトモやリンコさんと一緒になって、歯を食いしばったり手元にあるもの握りしめたり悔し泣きしたりしました。

怒ったり願ったり辛かったり、

リアルタイムでドキュメンタリーを見ているみたいに苦しかった。

 

 

個室40万/日とのたまった同業者には、

映画なのに怒りのケツバットかましたいと本気で思いました、私(ꐦ°᷄д°᷅)

茶帯、右上段回し蹴りでも全然いいですけど、同業者さん、どっちをご所望ですかね?( ◜◡◝ )

 

穏やかなマキオも、人権侵害であると声を荒げる。

 

でも、

これも現実。

 

職場の、

一時期 息子さんが女の子っぽい気がすると気にされていた方が、

勿論その方は同業者で、

そのことについて、

 

「勘弁してよ」

 

と仰った。

 

言葉が出ませんでした。

 

 

休憩時間、たまたまLGBTタレントの話題になった時、

耳を疑うような発言をする後輩もいました。

 

過ぎた無知は罪かもしれない。

唖然としたにしたって、ただ口を噤んだ私だって同罪。

無言はともすれば同意。

こんなんでアライだなんて、おこがましい、と自己嫌悪と反省で しょんぼり。

 

医療従事者でさえ、医療現場でさえ、

少なくとも私の周りは現実はそんなもんなのです。

 

 

ならば世間は、如何許りか。

 

 

 

 

 

彼らを取り巻く偏見に満ちた現実を、見てるこっちも苦しくなるほど詳らかに見せたり、

性別適合手術の一部分に具体的に触れたり、

綺麗事だけじゃないリアルを目指した映画なんだろうな….と劇中ずっと思っていて、

結末で その思いはより一層強くなりました。

 

この映画の結末に、

私、芦田愛菜ちゃん出世ドラマのMotherと斗真君に所縁のある土地在住で、そのドラマ放送時、ドップリどハマりしていたのですが、

あのドラマの継美ちゃんという子どもの選択は、リアルではなかったのかもな、なんて思いました。

 

いつまでも、3人で、ずっとずっと一緒にいて欲しかった。

子供部屋のある家に引っ越して、ずっと3人で笑っていて欲しかった。

Motherの継美ちゃんみたいに、身勝手過ぎる実の母を捨ててでもリンコさんを選び取って欲しかった。

 

でもきっとそれはリアルな実際の子どもの姿ではなくて、

突然出奔して突然戻って来た母親に、

リンコさんに暴言を吐いたことで娘に殴り掛かられ、娘のことを何も知ろうとしていなかったことを突き付けられ、トモを育てたいというマキオの申し出を飲むしかないのかと去ろうとする母親に、

トモは泣いて縋ります。

 

どんな母親でも、子どもにとっては たった一人の絶対的な母で、

誰もその代わりにはなれない。

そのリアルさが痛かった。

 

無償の愛っていうのは、

親から子へ注がれるものではなく、小さな子どもが親へ向けてくれる愛こそがそれだと私は思っていて、

でもリンコさんのトモへの愛もきっとそれと同じ強さで、

どちらの気持ちも分かり過ぎるほど分かる気がして、

ただただ辛くて辛くて目が腫れるほど泣きました。

 

 

 

 

 

人のセクシャリティはグラデーション。

ボーダーラインを見極めることなんて出来はしません。

色のグラデーション、色相環の円環から、ぴょこんと外に飛び出た、色のない人もいます。

 

それは正常とか異常とかいうことではないのだと、

私は、折に触れて娘たちに話しています。

 

色眼鏡しか持たない大人にならぬよう。

偏見で誰かを傷つける事のないよう。

もし娘たちが当事者であったなら、

そのことを不幸だなんて思わぬよう。

過剰に苦しまぬよう。

本人にとって一番自然な姿で、幸せでいられるよう。

祈るように、願いを込めて。

 

この映画が、多くの人の心に届きますように。