U R not alone

NO NEWS NO LIFE WITH LOVE

THE MUSIC DAY 2017

 

去年も見ていた MUSIC DAY

去年とは全く違う熱量で見ていた MUSIC DAY

 

事前に“渚のお姉サマー”を歌うことが発表され、

それとは別に“コアな夏歌”も歌うことが発表されて、

“恋を知らない君へ”はコアではないし、

本命“サマラバ”かな?、

大穴“君がいた夏”はないかー?

なんて、2012年以降の曲ばかり考えていました。

 

一番聴きたい夏歌は、

凄く聴きたいけど、もし違ったら悲しいし、

ガッカリなんて感情NEWSに持ちたくないし、

と敢えて考えないように、考えないようにしていたかもしれません。

(本当に本当に好きな物事に対してだけは、極度に守り入ったり保険かけたり拗らせたりしがち。)

 

 

まさかまさか。

 

櫻井くんが その曲名を告げた時、

「えっ….?えっ?エンドレス・サマーって言った….?」と状況が飲み込めませんでした。

「エンドレス・サマーって言った?言ったよね?」と小1小山担を頼る始末。

 

私のiPhoneで、U R not aloneに次ぐ再生回数の大好きな大好きな歌。

 

山Pと錦戸くんも会場にいる、聴いてくれるのか!と大パニックで、

渚のお姉サマーのリアタイ記憶が全くありません笑

 

ハッ!エンドレス・サマー!!と我に返った時、釘付けになったのは、

いつものシゲではなく、

慶ちゃんの歌う姿でした。

テレビで慶ちゃんこんな風に熱唱してるの初めて見た。

NEWSの歌は慶ちゃんにとってはキーが高いだろうけど、本当真摯に努力してるんだな。

一部の時のキャスター慶ちゃん素敵だったけど、これは紛れもなくアイドルの慶ちゃんだ。全身全霊でアイドルしてる慶ちゃんだ。

ニャン太歌う慶ちゃん、こんな風だったな。

 

色んな思いが渦巻いて、目を離せませんでした。胸が詰まりました。

 

 

 

今回も依然、賛否両論あるようです。

感じ方や考え方は、本当に千差万別なんですね。

 

2ヶ月前に、

私は私に見えるものを信じる、と ここに綴りました。

人は、見たいようにしか見られない。

その2ヶ月後、

糸井重里さんが、こんな素敵な言葉を綴られていました。

ポジティブシンキングとかネガティブとか言わなくても、見たいものを、人は見ているし、見続けているものは、探しやすくなるということだ。好きなものを好きであること。好きな時を好きであること。好きを愛おしんだり、好きを大切にしていることが、さらに好きなものと出合える機会を作ってくれる。こんなに簡単なことだったのか。

まだ全然短い時間だけど、見つめ続けていると、

更に好きな瞬間に出逢えて、

昨日より もっともっと好きになっていきます。

 

私は好きなものを好きなように見ているし、

見たいものを見たいように見ている。

それでいいんだよな、と改めて書き記したくなりました。

 

分かり切ったつもりになってるけど、

弱気になったりグラグラさせられないように、

言霊言霊w

 

 

 

エンドレス・サマーは、

ファンの願いの歌として紹介されました。

 

 「歌を残すこと」

 

それはファンだけの願いじゃないから、きっとNEWSの願いの歌でもあったはず。

そうだったらいいな、と思っています。