u r not alone

NEWS愛とシゲ愛なら一切引かない

私の沼

 

 

今週のお題「私の沼」

 

 

まぁ何とタイムリーなお題でしょうか。

私の沼は、彼らの言葉や想い。

 

 

 

 

昨日の日中ここを更新した時は、

決意表明みたいな、宣誓みたいな、

文章化して深呼吸、

という思いでした。

 

 

ドキドキしながらMCレポを待って、

蓋を開けてみたら。

 

ドキドキする必要なんて何もなかった。

分かっていたつもりだったけど、

私なんかが思っていた以上に、

彼はどこまでも彼だった。

らしさが爆発していた。

 

オトナの決まり事や意向を冒してまで、

自分でちゃんと伝えることに何よりも重きを置いて、

誰よりもファンに対して真摯に、

ドキドキしてしまった後ろめたさみたいなものも全て引っくるめて掬ってくれる言葉で、

だから好きなんだよ!!もう馬鹿!!大好き!!!!

って叫びたいほどに。

 

 

 

 

これはイレギュラーな発言である、

誰もが自分のように語るわけではない、

だけどそれは記事が事実だと認めていることじゃない、

という下りを読んだ時、

私は、

3月の一件も含まれているのかな、

なんて思ってしまいました。

 

事務所の意向に対する個々人の考え方の問題だけでなく、

大前提として、

キャスターとしての仕事やCMがあるので、

決まり事に、より従わなければいけない立場なんじゃなかろうかと思います。

だから語らないけれど、

決して語りたくないからではないのだと。

 

 

 

もう、本当どこまで優しいんでしょう。

自分が語る言葉から、零れ落ちてしまう人が最少であるように丁寧に。

 

受け取り方は人それぞれだから、

当然、賛否あるでしょう。

万人から合格点・及第点を貰うことなど、

不可能です。

 

でも、

こんなに馬鹿正直で、

真っ直ぐにファンを愛しているアイドル、

私は他に知りません。

NEWSの中ですら、

彼は群を抜いている。

 

だから私も、

真摯に真っ直ぐに、言葉を受け止めたいと思います。

 

 

 

それにしても、

そんな実像とパブリックイメージが乖離していて、

今回みたいな報道の標的になりやすい現状(だってFBに他タレントの写真だってあったのに)、

凄く歯痒い。

昨日のMCがニュースになることはなくて、

きっと、先日の報道のイメージばかりが独り歩きしていく。

 

確かに、好きの反対は無関心。

ただ、

タイアップとかCMとか、仕事のオファーを受けるとなると、

パブリックイメージの存在は、きっと大きい。

 

 

そんな現状を打開すべく、

彼は彼らしいままで、

実像とイメージの擦り合わせを ファンが担っていけたら素敵だな、なんて思います。

 

 

urnotalone.hatenablog.com

urnotalone.hatenablog.com