U R not alone

NEWS愛とシゲ愛なら一切引かない

こどもの日。

 

こどもの日のNEWSな2人。

 

 

道内放送はまだちょっと先ですが(あ、道民です私)、

新卒の時に入った部署に、

わりと密接な関わりのある話でした。

 

散々やり切れない思いをしました。

学生時代、授業の一環で銭函の子ども達に会いに行かせて貰ったこともありました。

仕事で出会ったこともありました。

養子を迎えた後輩がいます。

 

 

見る前から、

思う所があり過ぎて、

見たら間違いなく、

思いが溢れてしまうことでしょう。

 

(余談ですが、有川浩/明日の子供たち、そんなわけで個人的にヤバかった。

Motherも死ぬほどハマった。田中裕子さんが素晴らし過ぎた。絵鞆まで行った。英国館も見た。継美ちゃんのおかげで長女が「お母しゃん」と喋った。うっかりさんのおかげで舌っ足らずな雨ふりくまのこを歌い始めた。それぐらい見てた。

遡れば、小公女セーラは恐らく世代ど真ん中。オープニングまだ歌える)

f:id:urnotalone:20170506174959j:image

 

既にこれだけ暴走気味なのに、

現在進行形ならば熱くなり過ぎて更に更に暴走するのが目に見えているので、

私の現在地が今いる部署で、

相手も業務も全っ然違う部署で、

良かった。

 

Twitterのアカウント使い分けをしていないながらも、

あの場所はNEWSアカ、

仕事面のリアルはあまり書くまいと思っていました。

まぁ….NEWSと昔の仕事が私の中でガッツリ繋がったんだから、

今回ばっかりは仕方ない笑

 

 

 

放送内容に関わりのある部署にいた頃は、

どうしたって子どもサイドに立ち過ぎて、

置き去りとか堕胎とか虐待とか、

子ども目線でしか語れない、ひどく狭量な私でした。

 

それが友人を救ったこともあったけれど、

あんまりとんがっていたので、

知らないうちに誰かを傷付けてたかもしれないなぁと、

あの現場を離れ、

あの子達の向こう側にいたはずの大人と、親という同じ立場になった今、

反省が沢山沢山あります。

 

加害者は正真正銘、弁解の余地もない純度100%の「鬼」だと思っていたけれど、

顔の分かる人が「鬼」となった悲しい出来事があり、

その「鬼」の親御さん(子どもから見ると祖父母)の言葉を知る機会があって、

その「鬼」の育ちを知って、

決してシンプルな勧善懲悪劇ではないことも知りました。

人は、脆くて儚くて弱い。

以前のNEWSな2人で、

慶ちゃんがお父様のことを「分かっちゃう部分もある」と話したのは、

それに似ているのかな、なんて思ったり。

 

 

….なーんて、私まだ放送見てないんですけどね。

なのに1000文字超えたので、そろそろ黙ります笑

二週溜めといて見ようかな。

MotherのDVD欲しいな….