U R not alone

NEWS愛とシゲ愛なら一切引かない

覚え書き。

 

RINGを読んで、昔々LDHヲタだった現NEWS担の胸に去来したものの覚え書き。私的メモです、悪しからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下半期何かがあるよ♡の気配ではなく、下半期のために“戦う”姿勢。

 

あぁそっか。いつかどこかで見た、ドームツアーは20万枚がボーダーライン説や、そこに届かない状態でドーム公演をすると次のシングルの余力がなくなる説、あながち間違いじゃないのかもしれない。今年の公演先は、もしかしたらそういうことなのかもしれない。

 

ならば。

 

全ファンが各々たった一枚追加するだけで数万枚売り上げが伸びるじゃないか。例えそれが現実的な案じゃなかろうと、その心意気を秘めてフラゲ日に一枚追加しようじゃないか。

 

NEWS担になって初めて、そんな意識が芽生えました。

FC二年生になったしね!えっへん←

 

お金を落とすことだけがファンが彼らに対して出来ることだとは思いたくないけれど、手紙書いたりテレビリアタイしたり局にメールしたり葉書書いたり雑誌のアンケート答えたりツイートしたり色々あると思うけど、

でも売り上げ=活動の大きさなんだ。それは揺るがしようもない事実だ。

 

 

 

それと並行して、

古巣の今年の再始動。

 

休止期間中はどうしても他Gに人は流れて行くから、時勢に乗った若いGが今凄く強いから、その母体ではあるけど果たして今実際の需要はどうなんだろう…?なんて遠巻きに眺めてる。

昔々の危機/休止の時は、追い迫る後輩Gなんてまだなくて、みんな彼らだけを切実にただひたすらに待ってたから。

 

継続は力。続かないと、零れ落ちていくものが絶対にある。

だから、沢山の先輩後輩Gに囲まれる中で休止を繰り返したNEWSの道の困難さを、現状の厳しさを、先行きの険しさを、改めて思う。

 

続いていたら地力が違ったかもしれない。

でも続いていたら、きっと惹かれてなかった。

 

歌い直しが今嬉しい。

古巣ではオリジナルとの違いが辛かった。

 

そんなダブルバインド

 

 

私が入った10年前はきたえーるだったグループが、今はドームでコンサートをしてる。

福住駅からベソベソ泣きながらドーム魂に向かう夢を叶えるためには、私には何が出来るのかな。

インフルエンザ悲喜交々

 

北海道はevery.がほぼほぼ見られないので、小山キャスターのインフルエンザ罹患をTLでかなり遅れて把握。

忙しい日々の疲れが出たのかな。

ゆっくり休んで、お大事にして下さい(っω<。 )

 

昨年末、長女とうちの小山担というインフルエンザな2人に挟まれて毎晩寝てても伝染らなかった私の異常な頑丈さを、僭越ながら慶ちゃんに幾許か分けて差し上げたいくらいです。

整形的にはポンコツだけど(職業病)、内科的頑丈さで言えば、私の丈夫さは私の仕事に本当に向いてる。

毎年毎年仕事で散々接してても今まで一度も罹ったことないから、今回も伝染る気がしねぇな!って隔離も何にも特段対策しなかったら、本当に伝染りませんでした!(←いや対策しろ)

せめてマスクくらいはさせよう….と思ったのですが「暑い!」って投げ捨てられたし('、3_ヽ)_

数年前、「家に赤ちゃん(←現小山担)がいるのに、どーこからインフルエンザ貰って来やがったぁ?!?!怒(屮゚Д゚)屮 」って怒りの完全隔離の刑に処された夫は、今回ほぼ無対策なことに大っ層不満気でした笑。

ワクチンを打っているとは言え、インフルエンザワクチンは重症化を防ぐ物であって予防効果は持ち合わせてはいないので、要は私のキラーTやNKやマクロファージさんが鉈ふるいまくってエゲツないほど強いのかしら??( ◜◡◝ )と、はたらく細胞を読む度に思います。

(私の推しは好中球)

推しのサイトとあまぞん貼っとく)(・∀・ )っペタ

はたらく細胞|月刊少年シリウス|講談社コミックプラス 

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

 

 ちなみにインフルエンザ編は1巻|ω・)

 

 

….と大きく脱線しましたけれども、担当の現状は分かる範囲でだけでもお伝えせねば!と思い、ごくごく軽ーく世間話のつもりでうちの小山担に慶ちゃんのインフルエンザ罹患を教えたら、

 

 

 

うちの小山担、大号泣

 

 

 

みるみるみるみる目に涙が溢れ、ボロボロボロボロ泣き出して、全っ然泣き止まない。しまいには、わーわー泣いてる。

 

ピュアさをとうの昔に失った母は、えっ?!?!死に至る病じゃないよ?!?!君も年末に罹ったじゃないか?!?!ちゃんと治るよ?!?!一体何で泣いてるんだ?!?!って困惑。

ほら、慶ちゃんもリレンザひゅー!って吸ったかもよ??お揃いかもよ!!やったね!!!!って宥めすかそうとするも全く無効(そりゃそうだ、あやし方ヘタクソか)。

 

こりゃ小山担の感情を言語化してやらないと泣き止まないパターンだぞ、と色々試しに試し、「インフルエンザの辛さが自分にも分かるだけにもの凄く心配、可哀想」が正解という所までは漕ぎ着けました。

 

うちの小山担のこういう所、はー、無償の愛だねー….って思って、雑念と煩悩に満ちた自分を振り返って反省することしきり。夫を個室に閉じ込めて徹底隔離した過去の自分の非情さもちょっと反省。いや必要な処置だったし、きっとまたやるけれども。

これも職業病ですが、小山担たちが少々体調を崩した程度では、仕事モード発動して「うん、これくらいなら大丈夫!」「この程度なら全然様子見れる!」っていう対応をすることが非常に多くて、でも、「大丈夫?!」「どうしよう?!」「病院行かなきゃ!!」ってあたふたと全力で心配される方が子どもは嬉しいのかな、なんて、おいおい泣くうちの小山担を見ながら考えました。

オロオロする暇あったらサクサク対策考えちゃうから、そんな猿芝居出来ないけどね!!!!⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾

 

泣いてる理由が分かった所で小山担の心配が解消されるわけではなく、「小山くん可哀想!!!!」とややしばらく泣き続けていましたが、ハッ!と閃き「慶ちゃんの側にはみるくちゃんがいるから大丈夫だ!!!!」と伝えたら、ビタッッッッと泣き止みました笑。

ねこのぬいぐるみを引っ張り出して「この子みるくちゃんにする!!」とケロッとニコニコ、拍子抜け。

神さま仏さま、みるくさま。我が家の平穏にも一役買ってくれるみるくちゃん、有り難や有り難や。

NEWSICAL

 

当日から書き始めていたはずが気付けば年跨ぎですけれども、NEWSICAL所感。

 

 

f:id:urnotalone:20180103063520j:image

 

FNSでの披露は何だか誇らしかったのに、

東西南北、全く違う四方に個性が鋭く突出しているNEWSだからこそ出来る、NEWSにしか出来ないことだと、ただただ誇らしかったのに、

クリスマスの真夜中に1日遅れで届いたプレゼントは、局も15周年記念を謳ってくれていて、挑戦や努力や経験や困難といった裏側までまるっと見せてくれていて、紛れもなく生身の彼らがそこにはいて、

録画して何度も見て!と自担が話していたにも関わらず、

どうしたって感謝とか感激とか感動が溢れ出してしまうから、心して見なければ心がいっぱいになってしまって画面が涙に沈んでしまうから、

実はまだ本放送のNEWSICALを見直すことが出来ていません。

 

沢山のファンの沢山の要望が、多くの局を動かし多くの地域での放送を実現させたことも、その涙に拍車をかけます。

 

もたもたしているうち、シゲの着ていたジャケットがドリスヴァンノッテンと言うことも今更把握し、アントワープの?!?!「人生だね」の?!?!って脳天に電撃くらって、各ラジオでエピソードがそれぞれ語られ、涙の理由ばかりがまたひとつ積み上がっていきます。

 

 

 

 

 

帰ったらNEWSICALだ!とウキウキ仕事を終わらせたはずが、いざ帰って来てワクワクと家事やら何やらを終え、ささっと小山担たちを寝かせて自分の時間になったら、

 

クリスマスの深夜、

ソワソワが止まらない。

 

テレビの前を、動物園の檻の中のネコ科の猛獣よろしく、右へ左へウロウロウロウロ。期待と緊張でパンクしそうで、座って待つ、ということが全く出来なくなりました。

 

ウロウロ徘徊しないで腰を落ち着けるためにとにかく「座る理由」が欲しくて、

日付けが変わってもNEWS担にとってはまだクリスマス延長中だから!!!!

NEWSICAL放送おめでたいから!!!!

とか色々言い訳しながら、年越し用・お正月用にと買ってあったはずのワインを開栓しました。(こっそり補充して揉み消そうと思ったのに翌朝あっさりとバレる←)

 

緊張や動揺を呑み下し、万全の体制で待機したつもりになっていましたが、自分が呑むと割りと泣き上戸なことをすっかり失念していました。コレほんと大誤算。

 

過去最高にNEWS愛が爆発しました。

 

ここまで?!?!と思うほど舞台裏を見せてくれることに、NEWSICALに注ぐ努力と熱量と全力さと愛に、本編前から既に感謝と感激でずっと泣いて、FNSの下りで号泣して、本編で泣き崩れました。

 

素晴らしかった。

あぁ、やっぱり大好きだなぁ。NEWS担が如何に幸せか身を以て知っていたはずなのに、知ってた以上に幸せだなぁ。知ってたつもりになってたんだなぁ、こんなに幸せだったんだなぁ。NEWS担になれて幸せだなぁ。って、ずっと泣いていました。

あぁ、愛されてるんだ、って心底思いました。今までだって何度も何度もそれを伝えてくれているのに、ライブのように直接目の前にいるわけでもないのに、何故か過去最高にNEWSからの愛を強く感じて、そのことへの疑念の余地の無さも同時に感じて、突然腑に落ちたように強く感じて、私も「NEWSが愛するNEWSファン」の一人なのか!って真に迫って、愛されているっていうことに確信を得たみたいで、泣きに泣きました。

 

それは、不特定多数のファン全体に向けたものではなく、個々のファン一人一人に向けられたものだ。

 

酔っ払った頭でそんなことを感じながら泣きました。

 

FNSのショートver.を何度も何度も繰り返し見ていたから歌詞とか台詞とか分かっていて一緒に歌えるのも嬉しかったし、未公開部分も嬉しかったし、終わっちゃったのにこれから何かが始まるみたいな、ここから15周年イヤーが始まっていくみたいな、わくわくした視聴後感。

1時間と言わず余すとこなく全てを何時間でも見たい所ではありますが、でもたっぷりな内容に大満足でお腹いっぱいの視聴後感。

充足感が凄まじくて、そう!これが見たかったの!というフィット感が凄くて、不思議な気持ちになりました。

 

本放送を見た後そのまま泣きながらFNSを即見直したら、N悔しかったかなとかでも体調不良のせいにはきっとしないんだろうなとか、フルver.とは一味違って生の疾走感が凄い気がするなとか、本編でLPS歌詞の字幕出してくれたのは愛だなとか、色々思ったのですが、

何より、

FNSでは真っ直ぐ受け取ることに照れ臭さがあった投げキッスを、本編では画面越しに目を合わせて素直に受け取れていたということにハッと気が付いて、

それはNEWSの愛を改めて体感したからに他ならなくて、

NEWSファンはNEWSのみんなに愛されてるんだな、ってその愛を完全に信じて疑わなくなったからで、

翌日休みなのをいいことに、眠れる気配は吹き飛んで、二重がなくなるほど号泣しました。

 

頭の中お花畑だっていい、私は脳内麻薬を甘受します。

 

そして、感情の針がどう振り切れるか分からないから、冒頭の「NEWSICALを見直すことがまだ出来ない」に戻ります。

 

 

 

 

 

終始そんな調子で降り注がれる愛に涙に暮れたNEWSICAL。

それと同時進行で、頭の隅っこ、意識の隅っこでは、シゲのプライベートファッションにひっそりと着目していました。

あんなにわんわん泣いてた割に頭にこびりついていて、ファッションに詳しくもないくせにすっごい見ていたようです笑。

今の私服は黒無地が多いのかな?グリーンマイル稽古の時カッコ良かったなぁ(脱線)って何となく思い込んでいたので、結構意外!!嵐さんのコンサート見学の時のキャメルのコートも意外!!

でも黒ベースじゃない時も黒ベレーとか黒スヌードをポイントに使う所が、自分に似合う色を分かってる!!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾って思って、それはそれはジタバタして、振り幅ありつつ黒をポイント使いする所に、ブルベ冬!!正解!!優勝!!私はイエベ秋だけどな!!自担と一緒じゃなくて残念!!って悶えました⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾笑

シゲがモノクロで慶ちゃんが茶系の服を着ている場面の対比も素晴らしく良かったです♡本っ当シンメ♡(*´艸`*)

泣いてるくせに一人二重音声状態で、終始、シゲ黒似合うわーーーー….(溜め息)でした笑。

 

 

 

 

 

備忘録

カウコンビジュアルの衝撃と余韻が凄まじくてほぼほぼ(∵)のことばっかり書いてましたが笑、JUKIのミシンを踏む姿に「じゅ!!!!う!!!!き!!!!」って死ぬほど悶えたことを書き忘れていたので追記▽リ`▽´ノリ

LPS

 

 

小さな愛を抱きしめてる

 

小さな愛を抱きしめたら

 

 

 

LPSフルを初めてKラジで聴いた時、この部分の歌詞に、コヤシゲではなく、榊英雄さんが突然脳内に鮮やかにお出ましになりました←

 

それぞれ、

屈んで俯き両手を重ね 包むように指輪を握りしめる榊英雄と、

真っ直ぐ前を見据えて 指輪を差し出し両手をそっと広げる榊英雄

 

昔のCMの映像が甦る。どうしても思い浮かんで、最早パブロフ。LPS→デビアス榊英雄。カッコ良くて大好きなCMだったんです。

 

ひと昔前のデビアスのCM、ご存知でしょうか。今やデビアスが日本撤退した時代ですから、ひと昔前が過ぎるのか、大好きだったのに画像見つからず(っω<。 )今、俄然CM見たくなってるのですが、本っ当見つかりません。何故。見られないことが今あまりにもツラい。

 

大事だから包むように隠すように、深く深く、愛おしそうに大切に、ともすれば内向的に抱きしめるシゲと、

その抱きしめているモノを、大事だからこそ問い掛けるように見せてくれる慶ちゃん。

包み込んだ愛はどんどん深まって、開いた掌に乗っていた愛はそこから拡がっていく。

 

たった二文字の語尾の違いのはずなのに、私の思い浮かべたそんな拙いイメージは真逆で、

真逆こそがまさにコヤシゲイズム、

歌詞も歌割りも、天才!!!!

⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾

ってLPS聴くたび悶えます。

二番の入りのシゲのブレスと、甲乙付け難いほどに悶える。あのブレスも性癖過ぎて非常にしんどい_:(    _ ́ω`):_

 

いや、やっぱりブレスがブッチ切り一位だな!!!!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾の気持ちと、やっぱりコヤシゲ歌割り天才!!!!⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾の気持ちと、デビアス榊英雄はどこにいるんだ!!!!(屮゚Д゚)屮 の気持ちで忙しいここ数日。

 

 

 

 

 

26日早朝に追記。

LPS MV解禁の朝。

慶ちゃんがNEWSICALラストにトンって置くハートや、歌番組で飛ばしてくれるハートは、こうしてMVに繋がっていくんだね、拡げていくんだね、って咽び泣く。

 

遊び紙とプロトタイプ

 

 

本を読んで、装丁、しかも遊び紙に泣かされるなんて、思ってもみませんでした。

 

 

Age22を最初に手に取った時、妙に気になってはいたんです。

艶やかな光沢のある遊び紙なんて珍しいな、って、何か引っ掛かって。

 

薄紙だったりすることは時々あるけれど、チュベローズの内装がこんなイメージなのかなぁ、なんて思いながら、その次の扉を開きました。

 

だけど、チュベローズは木目の壁。

 

ありゃー外したかー!笑と思いつつ、夜のイメージ、夜の仕事のイメージ、ホストクラブのイメージからインスパイアされたのかなぁなんて考えつつ、ぐいぐい話に引き込まれるうち、Age32の最終章までその引っ掛かりのことをすっかり忘れていました。

  

タウンメーカー第2プロトタイプの描写が現れるまでは。

 

その描写が現れた時、サラっと書かれているのに心臓掴まれたみたいにビックリして、その既視感に泣いて、遊び紙のページまで戻ってまた泣きました。

 

真偽のほどは分かりません。でもこの遊び紙、タウンメーカーの表面とそっくりな気がして。これも広義の伏線みたいで。

まるで、子どもの頃、はてしない物語のあかがね色の表紙の、2匹の蛇がお互いの尻尾を咥えた、アウリンの模様に恐る恐るそっと触れた時みたいで。

 

 

装丁も含めて大好きという本は多々ありますが、私の拙い思い込みかもしれませんが、チュベローズの装丁とその時動いた気持ちも、私にとって特別な大切なものになりそうです。

チュベローズで待ってる

 

あの日 足払いでひっくり返されて茫然と天井を見上げてから此の方、

これ以上沈みようもない沼の底にいたつもりだったのに、とうの昔に底を付いたつもりだったのに、

 

まだここは底ではなかったのかと愕然としました。

 

 

降って湧いた運命みたいで、だから自らの意志で「この人にしよう!」って選び取ったわけではないのだけれど、

ある日 気が付いたら落ちていて、どうしようもなくそうなってしまっていたのだけれど、

 

私は、とんでもない人を自担にしてしまった。

 

 

幾度となくそう思って来たはずだったのに、

今回ほどそれを強く感じたことはなく、強い衝動に更新され、

読了後、更にずぶずぶと深く深く沈められる思いです。

 

 

 

私が作家加藤シゲアキと著書を通して対峙する時、

そこにNEWS加藤シゲアキを透かして見ることは、意図的にも無意識にも不可避でした。

シゲの本だから読もう、

シゲの本だから買おう、

微力ながらもシゲに貢献したい、

という動機が根本に大きくある。常に強くある。

それは、昔から敬愛する諸作家さんの本を手に取る時のモチベーションとは、一見カロリーの総量は同じであっても、質は少し違う熱でした。

 

言うなれば、シゲの本を手に取る熱は、赤い炎。敬愛して止まない作家さんの本を手に取る熱は、青い炎。

どんなに面白い!って膝を叩いても、どんなに感動して涙を流しても、「好きなアイドル」の延長線上に著書があって、「好きなアイドル」がスタート地点で、「好きな作家」とはどこか異なる世界線。

 

そんな風に どこか自分の中で分け隔てがあるせいで抱えていた罪悪感が、チュベローズを読んで、真っ青な炎になって昇華しました。

 

私はチュベローズが好きだ。この作家の描く作品が好きだ。

 

ただただシンプルに、その感情だけが溢れました。

シゲが書いたものでなくとも、作家が誰であろうとも、私は絶対にチュベローズを好きになる。

作家加藤シゲアキの作品に対し、ここまで寝るのが惜しいと感じたのは初めてで動揺しました。

もういっそ、覆面で出版されたチュベローズに出会い、魅了され夢中になって、これ誰が書いたの?….えっ?!シゲだったの….?!?!って驚いてひっくり返りたかったです笑。

 

こんな大作を書き下ろした直後にも関わらず、次作に早くも意欲的で、色んなテーマが尽きずに頭にあって、本当に底が知れません。

 

 

 

名刺とは、文字通り、相手に名を刺すためのもの。

名刺代わりになれば、と上梓したチュベローズ、深く深く突き刺さりました。

 

 

 

ありがとう!お疲れ様!重版おめでとう!!

怒涛の新情報ラッシュ

 

NEWS担のみなさん、

 

あけましておめでとうございます!!!!

(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

 

 

 

12月6日は誇張でなく本当にそのくらいの多くの大きな大きな情報が、こちらの処理が追い付かないほどの情報量で朝から晩まで一気に押し寄せて、溺れるかと思いました。盆暮れ正月クリスマス誕生日GWいっぺんに来ました。うちの小山担の学校行事で、たまたま休みを取っていた日で本っっっっ当良かった。

それは決して、ほぼリアルタイムで情報を得られて嬉しかった♡という意味だけではなく、あの日もし万が一働いてたら、パニックとハイテンションで頭いっぱいになって死人が出て免許を失う

(それなりに危険を伴う部門なもので_:(    _ ́ω`):_)

 

当方一応曲がりなりに大人でプロの仕事人ですけれども(本当にそうなのか甚だ疑問だから小声)

①北海道でのNEWSICAL同時放送決定!UHBに私も要望メール送ってたから何だか喜びもひとしお!

②実に約一年ぶりとなる新譜LPS発売決定!今回も三形態、しかもNEWSICAL収録、何と言っても「LPS?!何だそれ完全初耳KINGDOMどこ行った?!」

③待ちに待った!NEVERLAND発売日決定!初回盤にはドーム公演とアリーナ公演を収録!私が参戦したのはアリーナ公演だから今回も….!と期待してました….!更に更に、通常盤にはMCダイジェスト!!真駒内のステージ上に連日ずっといたアイツも収録されるのか?!?!

④FNS/NEWSICAL放送日当日!4分というごく短い時間の中、どんな内容・構成なのか、どんな歌を歌うのか、どんな衣装なのか、期待が高まり過ぎて数日前から緊張でソワソワ。タイムテーブル的には、うちの小山担が寝る前には放送されそう!勝訴!!

⑤そのFNSに、コラボ企画でテゴマス出演!Σ(゚Д゚ノ)ノテ….テゴマス?!?!この目で最後に見たのは、多分昔々のMステ猫中毒。しゃばけの手越くんだー♡ジャニーズには可愛い癒し系の子もいるのね意外〜ってまっすーを見て思ってました(NEWS落ちして黒増に腰抜かす、数年越しの前振り)。NEWS担になってから見るのは初めて!手越担、増田担、テゴマス担の皆さんおめでとうございます!。゚゚(つ口`*。)°゚。

これだけ一気に畳み掛けられたら、そりゃいい大人であっても仕事になりませんて(いっそのこと開き直るスタイル)。更に恐ろしいのは、この時の私はそのLPSを今晩聴けるとは夢にも思っていないこと….。青天井。幸せで溺れる。

ツアーが終わってから、それぞれにお芝居の仕事があったり歌番組も沢山あったけど、今だから言う。分かり切ってることでも声を大にして言う。

リリースがなかった….!!!!ずっと待ってた….!!!!。゚゚(つ口`*。)°゚。

 

今日この佳き日に行事を入れて下さった××小学校様、本当にありがとうございました。参観の合間を縫って校内でコッソリスマホ操作したことにつきましては、本当に申し訳ありません弁解の余地はございません(※参観の際の注意事項にアリ)。しかしながら、お陰で速攻全形態予約をキメることが出来ました。重ね重ねお礼申し上げます。必死に噛み殺したけど内心とても参観日どころじゃなかったYO!←

帰り道ワインを買って帰宅早々騒ぐ母を尻目に、うちの小山担「良かったねぇ〜(๑θωθ๑)」って何故か他人事。( ゚д゚c)ナンデヤ( ゚∀゚︎)っ))ネンッ!!

お祝いなので、FNSの間に一人で一本空けました☆( •̀∀︎•́ )و ̑̑ (夫は下戸)

 

 

NEWSICAL〜LPS

放送されるか未定だったり、局から「放送予定はありません」という明確な回答を受け取ってしまっていたら、きっとテレビの前の私の感情は、嬉しいのに複雑だったり切なかったり悲しくなったりしてしまっていたと思います。UHBさんには本当感謝です。ありがとうございます。

これまでミュージカルにまっっっったく縁がなかったので(高校の芸術鑑賞会みたいな行事で四季のCATSを見たのが最初で最後)、4人が生み出したNEWSICALに圧倒されて、初見では呆けてしまってアラサーNEWSの可愛さとLPSと参しか残らず、可愛い!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾が大爆発してIQ3になって、ずーーーーっとうちの小山担と一緒に自分のほっぺツンツンしては2人で時間差で「おそいなぁ」「おっそいなぁ」って右向いたり左向いたりしてました。そして、それを冷ややかに見守る長女←

シゲの書く脚本、まっすーの作る衣装、てごちゃんの多重録音もそれはそれは素敵だし素晴らしかったですが、慶ちゃん!!!!緞帳が下がって台詞だけの場面、声だけの演技なのにグッと惹き付けられるし心奪われるし滑舌もリズムも最高だしで、のっけから度肝抜かれました。うちの娘の自担、我らがリーダー、本当最高。今回慶ちゃんを主役に抜擢した人、天才。

ミュージカルに疎過ぎて初見では情報処理し切れなかったので、何度も何度も反芻していますが、見れば見るほど全てが凄いし、見れば見るほど可愛いし、見れば見るほど慶ちゃんに圧倒されます。これが生だなんて。凄過ぎ。うちの小山担、何故か自慢げ。

サプライズのLPSでは、イントロで2クールあるコーラスの内、1クールに曲紹介をビタっと合わせるスキルに、音楽の日のUR曲紹介を思い出してしまって毎度鼻の奥がツーンとします。まるで、URのイントロをバックに慶ちゃんの曲紹介を聞いて胸が詰まったあの感情が、突然の新曲プレゼントに驚く中で聞こえてくる慶ちゃんの曲紹介にフラッシュバックするようで。涙までハレるような、って笑顔で歌ってくれてるのに、聴くたびに泣きそうになります。イヤ、結構泣いてます_(;ω;」 ∠)_

そんなLPSが、明日のKラジで公開!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾新曲リリースが嬉し過ぎて、1分弱のFNSの音源を通勤中ずっとリピートした日もありました(約30周←)。遂に全貌が分かる!!遠足前の子どもみたいに、前夜なのにソワソワして眠れません!!困った!!笑

 

怒涛の余波で、ここ5日間、語彙力も纏める力もいつも以上に失った状態ですが、既にフラゲ出来る世界にはなっているけれど明日はチュベローズ発売日(更に嬉しいことに早くも重版決定!)、金曜日には少プレ、翌週にはMステスーパーライブ、翌々週にはNEWSICALとナゾトレ、その翌週にはカウコン、めまぐるしい12月を、嬉しい悲鳴を上げながら駆け抜けたいと思います!!!!