U R not alone

NEWS愛とシゲ愛なら一切引かない

ハロウィン音楽祭、前前前前前前前夜

 

今年も出るのかな?!去年がすっごく良かったから大丈夫かな?!ソレダメの真裏だけど大丈夫かな?!とドキドキしていた、今年のハロウィン音楽祭。

 

日付変わって昨日、出演アーティストが発表になりました。

 

出るかな?!出るよね?!と単純にソワソワドキドキしていただけのつもりだったのに。

 

いざ発表になったら、

いざ確定したら、

私は、何年もかけてグイグイNEWSに惹かれていたのに長々と躊躇っていて、そのさなかに、たまたま見ていたハロウィン音楽祭に4人があの出で立ちで突然現れて、いよいよ自分に弁解する余地もなく心を掻っ攫われたから、

そしてそのまま今や雁字搦めだから、

今日の発表は感慨深いなんてもんじゃありませんでした。

 

その瞬間はワーーーー!!!!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾ってだけだったのに、

嬉し過ぎて私のターニングポイント番組過ぎて後から後からジワジワジワジワ湧いてくる想いに、すっかり胸がいっぱいになってしまいました。

 

それが零れ落ちて消えて行かないように、慌ててココに綴っているわけです。

 

去年のハロウィン音楽祭当時 膝下まで嵌っていた沼に、頭を押さえ付けられるように鼻先までいっぺんに沈められ、息も出来ない多幸感のまま今に至ります。

 

NEWSは宗教って言われがちなのは、こういう所でしょうか?汗

 

時に隣の芝生の青さに目が行ったりしても、

私の心の中にはキメッキメに仮装したNEWSがいて、

暗幕の向こうに見えたシゲがいて、

ニコニコと頷いてくれた まっすーがいて、

会いたかった♡会いたかった♡と言ってくれた てごちゃんがいて、

うちの小山担が愛してやまない慶ちゃんがいて、

ジャムの日の、いのちのうたの、24の、U R not aloneがあって、

それを再確認さえすれば、ちょこっと芽生える寂しい気持ちや羨ましい気持ちは案外霧散してしまいます。

 

うっかり ない物を指折り数えそうになっても。

受け取った物があまりに多くて大きくて。

 

実際4人みんなそれぞれめちゃくちゃ忙しくしてるんだし!と伸び伸びに長くなった首も引っ込めて、ちっちゃく正座したり体育座りしたりしながら大人しく新しいお知らせを待つ日々も、何だか幸せで楽しくて一興なような気がして来ます。

 

NEWSを好きになって此の方、

この いつまでも初期衝動が変わらずにあるような不思議な感覚は、

単細胞、一途っていうか思い込みの激しい猪突猛進型だから成せる技なのかもしれません笑。

 

時々あの子可愛い!あの子も可愛い!って思っても、NEWSがファンに向けてくれる想いの中毒性が凄まじくて、余所見しているようで結局一途であることの確認作業でしかなくて、やっぱりNEWSが一番好き!断トツぶっちぎりで好き!!NEWSじゃなきゃダメだ!!!!⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾を繰り返します。

 

きっと、NEWSとNEWSファンは、あまりにも補完し合って、あまりにも完結している。

国民的、大衆受け、オープン、の対義はきっと、閉鎖的、コア、クローズド 辺り。

あまりにも強い「ファンのために」は、余所から見ると「ファンだけのために」と紙一重なのかもしれない。

双方向の、外に向かない、繊細な美しい檻。

一度当事者になってしまうと、そこは深い深い沼で、出る術がなかなか見つからない。そもそも、出たいと思わない。思えない合法ドラッグ

そういう所が、外部から見ると「非常に宗教的」「NEWSは宗教」という評価になるのかなーなんて、どっぷり檻の中から、俯瞰して分析してみたつもりになって思ったりします。

「つもり」で。

だってインナースペースの私は「宗教上等」を背中に背負った特攻服だから。

 

現実の仕事上の私は、こんな頭でも下げて事が丸く収まるなら なんぼでも下げます笑。

そんな風に、猫被ってしなやかに舌先で謝れる強さも身に付けてしまった、いい年こいた大人。

とんがった所もすっかり少なくなって、どうして?!?!とか、理不尽だ!!!!って地団駄を踏む事も、めっきり少なくなった大人。

 

でもそれって感情の起伏が単調で、

時にちょっとつまらなくもあって。

基本、娘ども以外にはそうそう激昂しない笑。

 

だからこそ、

ことNEWSに関しては一切引かねぇ!ってしゃがんでメンチ切る自分がある日突然現れたことには、新鮮に驚きました。あと、こんな衝動がまだあるんだ、って嬉しかった。

 

でも大人なので、

多くの人が同じ方向を向くということは、趣味嗜好は人それぞれで、母数が多くなれば多くなるほど難しくなることも分かってるから、

インナー特攻隊長が悪さしないように、そんな一喜一憂出来る可愛い所がまだあったんだねーヨシヨシって褒めて甘やかして上手いこと飼い慣らしています笑。

 

そんなことを思った、ハロウィン音楽祭の前前前前前前前夜。

変わらないモノ

先日うちの小山担と一緒に、プレミアムショーを色々見ていた時、

自分的に、物っ凄く腑に落ちた瞬間がありました。

こちらなんですけれども↓

f:id:urnotalone:20171017092211j:image

翳す手の角度、その位置、顔の向き、表情、体勢。

 

 

みんな完っ全に違う!!!!

バラバラが過ぎる!!!!

 

 

恐らく元は一つの振り付けなのに(四人四様に振り付けてたら付けてたでair:manさん神๛ก(ー̀ωー́ก))、こんっっっっなにバラバラなことってちょっと有り得なくないですか?!?!

 

攻めてる!

個性大爆発!!

そもそも揃える気のなさそうなNEWS、クセが強い!!!!←

 

そしてそのクセこそが、

私がNEWSを大好きな理由の一つであり、

私の昔から変わらない所なんだなぁ….と自嘲気味に思いました。

脳内BGM「変わらないモノ」が流れてます('、3_ヽ)_

 

人数が多い迫力あるフォーメーションや一糸乱れぬダンスの良さもあるけれど、

昔々好きだったアーティストの、パフォーマー四者四様のダンスが好きだったことと突然バチーン☆(´>ш・)と結び付いたんです。

同じ振り付けのはずなのに、力強く、心踊り、伸びやかで、熟練の、4人のパフォーマーの4つの全く違うダンス。

そんな彼らの、それぞれ違う振り付けのソロダンスパートも大好きだったから、だから私はBrightestのあの演出に、何だか凄く凄く胸が熱くなったんだろうな。

円盤まだですか(:3 _ )= 果報は寝て待つ。

 

機械じゃない人間が、努力して努力して良い意味で機械かのようにスタイリッシュにビタっと合わせるっていう凄まじいことを、深く深くリスペクトしつつ。(三浦大知君や安室ちゃんの、バックダンサーさんとのシンクロはまさに神懸かり)

今も昔も、

私は人間臭さとかフロンティアとかパイオニアとか苦労人が大好物で、どうしても惹かれてしまうようです。

そういう「癖(へき)」ってそうそう変わらないんだなぁ。まさに、三つ子の魂百まで。

 

 

個性バラバラで自己主張も強くてあまりに人間臭くて、そのバランスの妙が秀逸で国宝級で、

コヤシゲ/テゴマス、シゲマス/コヤテゴ、テゴシゲ/コヤマス、どこで切っても最高だし1人あぶれたりしない偶数なのも好きだし、多過ぎず少な過ぎず全員が際立つ私的ベスト人数だし、

個人的にNEWSの真骨頂って、「シンクロ」ではなく、全っ然違う4人による何が飛び出すか分からない「化学反応」とか「表現」とか「幅」だと思っていて、

それが私の癖とのシンクロ率が凄まじくて、

そんな人達が、最も縁遠かったジャニーズにいたのが運の尽き、

要はとにかくNEWS最高でNEWS担の私は今日も幸せってことです(ドヤ)。

 

 

大きな転機になったハロウィン音楽祭が近付いて来て、今年も出るのかな?どんな仮装かな?ってソワソワしています笑。

もしも私が仮装するならば、

 

 

宗教上等。

 

 

って背中に刺繍したグリーンの特攻服です。

玉ちゃん

 

 

いよいよ重要参考人探偵が今週末に迫り、

どうやら眼鏡の慶ちゃんは守備範囲外だったらしい我が家の小山担と、金曜に向かって俄然高まってきた私の、温度差がえげつないことになっております笑

お母さんちょっとうるさいって言われる(๑ ˭̴̵̶᷄൧̑ ˭̴̵̶᷅๑)

 

 

娘どもに「うるさい」と野次られながら今朝のWSのあれこれやFC動画など色々見ていたら、

あぁ懐かしいなぁ、と改めて思い出しました。

 

この度の座長の玉森君、

私が彼を初めて知ったのはATARUの時で、

当時 私にとっての玉森君は「ATARUに出てる玉森君」だったんです。

今となっては信じられないことに笑。

 

 

主人公の弟の医大生役だった彼を、

「かーわいい子だなぁ、それにしても最近は知らない若手俳優さんがいっぱいだなぁ」

と思いながら、毎週楽しみにしていました。

 

完っ全に、若手俳優枠。

若手俳優玉森裕太

 

 

お気付きでしょうか、

キスマイの方だと全く気付いておりません

 

ちょっと信じ難くて有り得なすぎて、我ながら引く笑。

( ☉︎д⊙︎) ポカーン

 

 

すっっっごい可愛くって、医大生っていう知的な役どころもツボで、出番は多くないのに半ば玉森君を楽しみにATARUを見ていた節もあるくらいだったんです。

キスマイというグループがデビューしていることも確か知っていたはずなんです。

 

ならば何故。

疎過ぎ。

ちょっと酷過ぎる笑。

 

 

しかし人間変われば変わるものですね笑。

今やそれなりにジャニヲタ、デビュー組ならば顔と名前はほぼ合致しておりますd(´・ω-*) 

 

 

 

ドラマの本放送が終わってから、スペシャルドラマの折か何かで気が付いて、

えぇぇっ….?!?!Σ(゚Д゚ノ)ノ

とそれはそれは驚きました。

そんだけ鈍けりゃそりゃそうだね( ºωº )チーン

 

当時絶賛、ジャニヲタ乙!真っ只中だったので(本当すみません 浅はかな馬鹿野郎でブン殴りたい)、

そっか….そうか….キスマイだったのか….そうか….

という思いも当然あったと思います。

だけど、

可愛い!何か好き!

と思ったこともまた事実。

 

それは私の偏見など素知らぬ顔で揺るがずそこにあって、

玉森君は、

HEY×3チャンカパーナで大きく揺らいだ私の中の「ジャニーズに対する壁」を、自意識を、更に緩ませる一因になった人だったなぁ….と、懐かしく思い出しました。

 

すっかり失念していましたが、新ドラマのお陰で、

去年のハロウィン音楽祭の時のまっすーのような、

今の私に至る為には必要不可欠な、大事な大事な恩人であったことを、思い出す事が出来ました(*´꒳`*)

SAGA

 

ガッツリ シゲ担になってから約一年、

着々と、ストライプとグリーン系の服が増殖しております。

イエベ秋(多分)、カーキが激増。

ノーカラー熱もジワジワ来てる。

柄物はボーダーか花柄、布帛よりカットソーが多かったけど、ストライプやシャツは年相応感も出て重宝。

 

先日は白地ピンストのバンドカラーシャツと、ダークグリーンのアシメスカートが届きました。

f:id:urnotalone:20170930172632j:imagef:id:urnotalone:20170930172637j:image

シゲ担のSAGAだから仕方ない(๑θωθ๑)

春魂に良さそう(*´艸`*)

目下のスローガンは「目指せ綺麗なシゲ担」笑

 

 

一方うちの小山担、

今年のクリスマスはサンタさんに、

「紫の何か」

と言う恐ろしくザックリしたオーダーをするそうです。

オイオイ、SAGAじゃないよ。丸投げにも程があるだろ。

逆にハードル高いわ。考え直そ。_:(    _ ́ω`):_

9月は結成月、そしてデビュー月

 

ご無沙汰しております。

先々週の火曜日、半年経ちました!宜しくお願いします!と改まってご挨拶した後、珍しく更新が滞っておりました。

 

新しいお知らせを首を長く長ーくして大人しく待っているけれどグリーンマイルは遠くから思うことしか出来ず寂しく感じている所へ、その気持ちの隙間に、昔の男(←言い方)がスルッと滑り込んで来ていました。

追い出す必要もないのか、と消化するのに何だか時間を要しておりました。

 

リハビリ予々、その備忘録を綴ります。

サクサク綴ってサクサク早いとこガチンコシゲ担NEWS推しに戻ります ('、3_ヽ)_

 

先月末から余所見してモタモタしてる間に10月7日を迎えて気持ちを新たにし、

8日はゴッホ展に行ったくせにフェルメールのファイルやらトートにドギマギしたりミュシャのポストカードブックを手に取り(アイリスがなかったから買わず)、

9日のQさまで画面の角にサンテグジュペリの表記を見つけて一人フライングで星の王子さまと呟きまさかのBGMに死にかけた有様なので(小山さま慶一郎さま齋さま0(:3 )~ ('、3_ヽ)_)、ここ数日でアイドリングは充分でしょう笑

 

今回もあまりジャニーズごとではありません悪しからず….。

 

 

 

 

 

最終更新の翌日、9月27日の晩、その前の週末のビビットを編集予々見ていたら、

番組の中で、引退の報を受けて安室ちゃんファンの方が、

 

 

「安室ちゃんのファンになる前の自分なんて分からない」

 

 

とお話されていました。

 

….凄い分かる。

 

私にとっての「××の前」の「××」はNEWSではないのだけれど、その前の自分なんて確かによく分からない。

 

そして、「あの頃の自分」の記憶は膨大で、蓋を開けたら何か飲み込まれそうで怖くて、鍵をかけてどこかに閉じ込めて、どこにもそんなヤツ居ないフリをしているような所がある。

 

今はもう存在しない物に思いを馳せるのは、しんどい。
ましてや、名前は残っているのに、ツインボーカルそれぞれ今も歌っているのに、「今が一番好き」って私には言えないから、しんどい。

 

2代目の在り方とか方針や戦略の変化(と私は捉えました)にどうしても納得出来ずに冷めて自分から離れたくせに辛かったなぁ….想い人の脱退とその後の事実上の活動休止とどれが一番辛かったかなぁ….なんてボンヤリと考えながらビビットを編集していたら、あれ?ってハタと気付きました。

 

確か9月だったよな?

 

魔が差してググる

ググって刺さる。

 

まさにその日、16年前の今日(9月27日)こそが、すっかり忘れ去っていた彼らのデビュー日でした。

 

当時は今みたいなSNSもなく、それを祝う文化も習慣も持ち合わせていなかったから、その日を気にしたことなんてなかったのに。

もう!何の因果だよ!!!!⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾

と夜な夜な一人ジタバタしました。

 

そのジタバタから、「NEWSは私はBlu-ray派なの!美恋初回はDVDだけど見ながら通勤なんて危険で出来ないし!他に長めの音楽DVDなんて持ってないし!」と、取り付けたばかりの車のナビで翌日、半ばヤケクソで第1章のDVDをかけ流して通勤しました。

見るの約10年振り。

 

「横文字のタイトルばっかりで、タイトルだけじゃどんな歌だったかパッと思い出せないわ!」と内心悪態ついてたのですが(酷い)、

いざかけ始めると、タイトルは忘れかけているのに、歌だけはしっかり覚えている。

 

この歌 大好きだった。

こっちはカラオケで夫が歌ってくれた。

このPVは あの女優さんが駆け出しの頃。

この振り付け真似して踊った。

この衣装が一番好きだった。

今も歌える。

 

ビックリしました。

何故だか凄いショックでした。

やっぱり素敵だな….って久しぶりに見てガッツリ惹かれてしまう自分が、何故だかショックだった。

 

丸ちゃん可愛い♡とか丸眼鏡の相葉くん素敵♡とか口では言っていても、私の中でNEWSは唯一の別格で、NEWSは宗教って言われるのも一理あるねってほどで、性分的に掛け持ちが出来ないタチだから、別な物にも惹かれる自分とNEWSを好きな自分は両立しないと思ったのかもしれません。

いい年こいて馬鹿ですねぇ。

一途に追いかけたその年数で言えば、彼らもまたある意味 別格であっても仕方がないのに。

 

囚われて追い出したくて もがいてトリ餅状態に陥って、雁字搦めになってやっと「好きじゃなくなったイコール消し去ること、ではない」ということと「むしろジャニーズに目覚めた今が私的イレギュラーw」という結論に達しました('、3_ヽ)_拗らせ疲れた。

 

 

 

さすがに初日から半年経って、夏の音楽番組ラッシュも随分前で、NEVERLANDが遠くなった感が日に日に増しています。

その寂しさも一因なのかもしれません。

至急円盤求む。あと新曲とタイアップも。あと地上波冠番組も。あとチュベローズとテゴマスそれぞれドラマと次の会報とドームツアーのお知らせと(以下略)

言霊。

言うのはタダですから笑。

あっという間。

 

先程 はてなブログさんからメールが来まして、

私がこのブログを書き始めてから、

今日で半年だそうです。

 

はっっっっや!!!!(´⊙ω⊙`)

 

 

….いや待てよ、….まだそれくらいしか経ってないのか….?

ほんとに….?

 

相反する感情を抱えて、とにかく驚いています笑。

もう?と まだ?が混在してしまう程度に、

私の日常になっているんだなぁ、と思います。

 

 

 

身近にNEWS担がいない中、

清水の舞台からFCへ飛び降り、

チケットが当たっては泣き 届いては泣き、

いい年こいた大人がそんなメンタル大忙しなのに吐き出し先がなくて、

初日が近付くにつれて自分の中に渦巻く感情をどんどんどんどん持て余して、

初期衝動を閉じ込めたくて、

共感も求めて、

思い立って始めたブログ。

 

 

読み返せば その時その瞬間の自分に触れることが出来、

しかも色んな方々と言葉を交わさせてもらうことが出来、

半年前は、

一口に備忘録、とは言い表せない、こんな大切なものになるとは 思ってもみませんでした。

 

ありがとうございます。

 

残念ながら私からは言葉を交わす術を持たない方々にも、

こんな拙いブログに星を付けていただく度、感謝を感じています。

ありがとうございます。

 

 

 

これからも、

数の論理を情熱でなぎ払える唯一のグループであると信じて、

細々と、時に長々と、

思いの丈を綴って行こうと思います。

 

よろしければ、

そんな私の日常に お付き合い下さると幸いです。

コンパス

 

今月の頭、

昔々の、当時大好きだったグループを脱退した ひとつ年上のある唄い屋への思いを

「何故会えるうちに会いに行かなかったんだ」

と不意に思い立って綴って(定期的発作)、

そして月末、

MステウルトラFESで、タキツバと安藤さん達に思いがけず涙し、久々に聴いたCHEMISTRYの「想いは想いのままで 熱を失うだけ」という歌詞に同意しまくり(めっちゃASAYAN世代)、

夫が昔々から愛してやまない安室奈美恵さん引退の報を聞き、

「会いたいは人には会えるうちに会っておけ」

という言葉がTLに溢れ、

次の日には退所した先輩グループの方々の悲喜交々。

 

不思議なタイミングや巡り合わせってあるのかなぁ、とこじ付けながらも感じています。

月初に色々と思いを巡らせて纏めておいて良かった。 

 

新しい地図、に対してTLに流れ来る、熱かったり極端だったり、ともすれば強過ぎるワードは、こちらの心まで引き摺られるようで、

春先に、今よりもっともっとTwitter疎過ぎて何にも知らずに愚痴垢ってやつを見て、思ってもいなかった考え方を植え付けられてしまったように感じてドーンヨリしてしまったことが思い起こされて、ちょっと怖かった。

ちょっと怖過ぎで、

アーティスト的 初恋の君、リア恋・藤壺の宮ポジションの、唄い屋の歌声に約10年ぶりに助けを求める始末でした('、3_ヽ)_

叶わなかった初恋を引っ張り出すとは、我ながらビックリ….。

 

やっぱこの声好き….この頃が好き….と凄く思って、まさか失った熱が再燃して1番に返り咲くのか、第1章の亡霊にこのままなってしまうのか、とザワザワしましたが、

ただの憑き物でした。ひとしきり浸ったらすぐ取れた。

(:3 )~ ('、3_ヽ)_

こういう所、まだまだ「大人」になり切れてないなぁ、と自嘲気味です。

 

色々と考えさせられた数日だったけど、

そもそも憤慨したり残念に思ったり振り回される必要なんてなかったんですよね。

称賛するのも、私にとっては何か違う。

一番最初に思った「ふーん」が私の全てで良かったのに。

 

私が大好きなのはNEWSで、

サラっとしか知らない他所のことはとやかく言えないし、情報も知識も資格も権利も筋合も全く持ち合わせていないし、

こないだのラジオでコヤシゲは死ぬほど忙しそうで充実し過ぎで嬉しそうだったし、

まっすーの◯◯は今日も絶賛可愛いし、

てごちゃんは強くあろうとしてくれてブレないし、

閉鎖的でも何でも、

私のコンパスはNEWSで、

私は大好きな人達だけ見つめていればいいんだな、

しかもファンと相思相愛だよ?、

私はそんなNEWSに落ちて幸せだな、と、

すーんごい回り道して戻って来られました。

 

目を瞑って周りの色々を見ないフリするんじゃなく、忘れずに一線を引いて、

彼らの表現するもの、彼らが届けたいと思ってくれているもの、それだけを見つめて ありのまま有り難ーく享受して、

NEWS愛を今日も、ここやツイッターで叫んで行こうと思います♡

 

 

 

追記。

DASHを見てたら庵野監督とTakaのCMが入って、

これまでも何回か見たCMだけど、

そう!まさにそれな!!!!って膝を打ちました。

自分の外には自分の知らない感情が無数に存在し、

全く矛盾する幸福感を持つ人たちが、

隣合わせで生きているのだ。

私のLOVEは誰かの悲しみだったり。

あっちとこっちが日々対立する。

ジレンマは現実である。(Honda/CIVIC)