U R not alone

NO NEWS NO LIFE WITH LOVE

うちの小山担参戦観察日記 ver.2

 

今年もやります!うちの小山担参戦観察日記!

EPCOTIAの去年に続き、WORLDISTAもうちの小山担と共に参戦して参りました〜!!!!4月から小3になったよ!身長130cm、足のサイズは何故か大の大人なわたしと同じ(夫に似たのかデケぇ)

f:id:urnotalone:20190430232603j:image

懐かしいな〜♡去年はどんなだったっけな〜♡って軽率に振り返って復習したら「純粋…(´•̥ω•̥`)愛娘の推せみ…」って口元覆って咽び泣きそうになった自家発電と手前ミソスープが過ぎるシゲ担母の目線で今年もお送り致します。35歳の慶ちゃんへ愛を込めて♡(←5/1に間に合わなかったどの口が)

urnotalone.hatenablog.com

母娘で担当がシンメの日々、プライスレス。。

 

今年は有り難いことに自チケと件の鬼電と(↓)それとお友達のお陰で、札幌公演を(スタンド下段×左から)+(アリーナ×ゼロずれ正面から)+(最上段×右から)=真駒内セキスイハイムアイスアリーナまるっっっっと堪能しました。体感的には全方向網羅した。体感的には。

urnotalone.hatenablog.com

お腹いっぱい贅沢。と同時に、必然的に小学校低学年の身体にはそこそこな過密スケジュールになりまして、何なら自宅から日帰り出来ないこともないのですが(日中の用事ならいつも高速で普通に日帰り)、第1チェックポイント(札幌近郊の実家)にお世話になる選択肢もあるにはあったのですが、今年はうちの小山担にとって無理のないことを最優先に、去年の反省を教訓に、初めて札幌に宿を取ることにしました。プチ遠征。2人だけでどっかに泊まるなんて初めて!しかも連泊、後泊アリ(※繰り返しになりますが、日帰り出来ないことはない道民です)(道外遠征こそしないもののこういうとこ本当ガバガバ)

 

まぁあれこれ言うとりますけども、あわよくばこの景色も見たかったんですよね、

ハイ、ドン!!!!

 

f:id:urnotalone:20190430233353j:image

(国道側になったのも上の方の階だったのも偶然&幸運)(二重窓なはずなのに1枚目と2枚目の間が結露しててクリアな視界じゃないことが口惜しい)

もうリハやってるかなー♡とかまた明日ねー♡とか楽しかったよー♡とか、窓から現場が見えるだけで親子で楽しめる低燃費。夜中で暗かろうが見えなかろうがオタクには心眼で見えるのでカーテン代わりの引戸はバンバン開けたり閉めたり頻回にするスタイルの親子(そして当然朝は起きた瞬間最優先でまず開ける)。見たいものが直接肉眼で見えるってだけで実質タダなので←、土曜の晩だけ何故か室内が異様に常夏状態クッッッッソ暑かったことなど瑣末なことです。ド深夜に「あれ、確かこのホテルって…」ってウッカリ思い出して事もあろうにググっちまったことも…えぇ…瑣末な…ことです……でもちょっと怖かった…若くないからリアルタイムで知っててウッカリ思い出しちゃった……((((;゚;Д;゚;))))カタカタ

そうそう、ホテルと言えば、ビミョーに距離があったので公演後はタクシーを使う予定だったのですが、「なかなか捕まらないね〜歩きながら探そうか〜」とか言いながら異様なハイテンションでライブの話をあれこれしてるうち「もういいや歩いちゃおうぜ!!」って結局まーた踏破しちゃったの、ものっ凄いデジャブww 去年に続き、またやってしまったww テンション上がると疲れててもついついノリで歩いちゃう親子、毎年真駒内アイスアリーナ界隈を歩きまくっております。で、うちの小山担、ブーツで結構な距離歩いたら足痛くなっちゃったらしく、1日目「あっ♡自担と同じメーカーの履いてる♡」って沸いてたわたしの某メーカーのスニーカー、2日目朝取られました(言い方)。痛いな〜って思いながら参戦するの辛かっただろうから、まぁちょーうど今足のサイズが同じで靴交換出来て本当良かった良かった。

 

 

毎年わたし的レジェンドを積み上げてくれるので本当するめみたいに飽きずにいくらでも噛める、見た目は子ども!頭脳は小山担!なうちの娘(8)なんですけれども、今年の'わたし的うちの小山担ハイライト'は、

◽︎は?!そんな所まで見てたの?!

◽︎ちょ、君の友達か??

◽︎えっどこ見とんねんどういうこと??

3本立てです!!!!

…え?どええぇぇ?!?!って驚愕させられたり、オイ去年からの進化!!!!って笑わされたり、そこまで大好きなのかぁ…そっか…恋してんなぁ…って切ない溜息つかされたり、母娘で担当がシンメの日々、マジプライスレス。

 

 

 

◽︎は?!そんな所まで見てたの?!事件

まずは、オタクとしてのポテンシャルに結構ガチでおののいたヤツ。

⚠️WARNING⚠️

以下このエントリーでは、WORLDISTA演出の非常にニッチな一部分について言及します。極力伏せてはおりますが、もしWORLDISTAログイン前で完全ネタバレ回避中の方がおられましたら、至急ここからログアウトを!ログイン後の世界線で!お会いしましょう!!!!(cv.芳忠さん)

 

 

すーんごいニッチなんですけどね。でも、ログイン済み+大阪埼玉長野で再ログイン出来るオタクには!!是非!!うちの小山担が発見したココを!!チラッとでいいから是非確かめてくれ!!と熱い気持ちを抱えておりまして、ちょ聞いて聞いてー!!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾って押し付けがましくも全力でお伝えしたいのです。きっと親バカも含んでる←

 

どうやら、彼女は土曜公演の時点で気が付いていたようなんです。お母さんに是非教えたい、でも見間違いかも、曖昧な情報を伝えるの良くない。公演後にそう思ったうちの小山担、彼女の選んだ行動は、翌日の公演中に確認取れた瞬間速攻で教える

情報に対するリテラシー!!!!高けぇ!!!!更にわたしもリアルタイムでその場で確認出来るという最高のタイミングでの情報開示!!!!(⌯˃̶᷄ᗝ˂̶̥᷅⌯)(豪速球で親バカ)

土曜の晩、そんなこと知ってるそぶり微塵も見せなかったじゃん…お前何という隠し球を…うぅ…ありがとう…。°(゚⊃ω⊂゚)°。彼女の持って生まれた優しい性分なんですけど、こういうとこ本当推せる(親バカ)。いいぞ…この調子でどんどん信頼出来るリテラシーの高いタイプのサプライズが上手なジャニオタに育ってくれ…お母さんは全力応援してるぞ…。

 

そんなうちの小山担、何に気が付いたかと言うと、

 

(つの)

 

について。

ログイン済みの方はお分かりでしょうか、終盤の『アレ』4本

日曜一部、まさに『ソレ』が現れた瞬間、『ソレ』を肉眼で見ている最中、うちの小山担にトントンと左肩を叩かれ、耳を寄せると

 

「角、NEWSの色だよ」

 

とのタレコミ。

 

…え?( ⁰ㅿ⁰ )

メンカラ…?(  ☉︎д⊙︎)

どこどこ…?

あっ、ええええぇぇぇぇ?!?!?Σ(°꒫°๑=͟͟͞)マジか、すげぇメンカラだ!!!!(・艸・*)本当だ…!!!!(∗︎*⁰͈꒨⁰͈)てか何でそんなトコ気付けるの?!?!?!?!カタ:(ˊ◦ω◦ˋ):カタ

神は細部に宿るって言うじゃないですか…。だから、大きな大きな構造物の、もしかしたら誰も気付かないかもしれない、小さな小さな細部の塗り分けられたその色から垣間見えたような気がしたこだわりに、ジーンと胸が熱くなりました…。Strawberryのイチゴのマーブル模様然り、わたしにとってその4色は「愛」と同義だから。そして、そんなとこまで見てんのかい!!!!推せみがえぐい!!!!└(x3」 ┌)┘って我が娘ながらひっくり返りました。いやー本当すっげぇ。

 

 

 

◽︎ちょ、君の友達か??事件

続きまして。オイ!去年からの進化とこなれ感すっげぇな?!?!(´⊙ω⊙`)って吹いた話。

 

去年、うちの小山担にとって初めましての人達と同行したEPCOTIA公演後、冒頭に貼ったエントリーにも書いたんですけれども、初参戦だった緊張と知らない大人への人見知りと公演後の疲労の錬金結果だったのでしょう、わたしのお友達への挨拶もそこそこにわたしの腕をグイグイガンガン引っ張りその場から強制離脱・そのまま人混みに紛れるという荒技を編み出しやがりまして、まんまとそれキメられまして(; ´ᵕ` )(本当その節は。すみませんでしたマジで。) オーイ!ありがとうとまたねをちゃんと言わしてくれぇ!!大切だぞ!!人としての基本だぞぅ!!!!(屮゚Д゚)屮 って小言かましたほどの荒技だったので、今年はどうかな〜?大人ばっかりだからな〜?ってちょっと心配していました。2度目ましてのお友達だけでなく、会いたいな〜会いたいね〜ってずっと思っていた話していたお友達との予定もあって。

1日目。蓋を開けてみたら、相変わらずの人見知り愛想ナシで本当すみません('、3_ヽ)_て感じではあったのですが、挨拶くらいは出来てたのかな〜??2度目ましてのお友達にはちょっと笑顔も出せたりしてて(いただいたお土産に釣られた笑顔ではないと信じておるぞ)、うん、頑張った頑張った。

で、問題の2日目。この日は、散々ツイッターやブログで絡んでおいて実際会ったことないね?!?!っていうお友達との約束がありまして。仮に▽さんとでもしておきましょうかね。こちらは母もなかなかの担タレ人見知り人間なもので、しかも▽さんとサシでの約束だったので、なかなかに緊張もしておりました、えへへ(⁄ ⁄•⁄ω⁄•⁄ ⁄) 公演と公演の間で、トイレに長々並んだり立ち見の待機整列開始時間もあってとにかく時間がなくて、でもそんな中会えて、っていうか親子で靴を交換したこととか色んなヒントを積み上げて推理して会いに来てくれて…(´•̥ω•̥`) わたし▽さんにやーっと会えたことがとにかく嬉しくて嬉しくて超〜〜泣いちゃって。°(゚⊃ω⊂゚)°。←   そんな母の想いを色々察して何にも言わずに傍らにいてくれて、そのお友達とちょこっと言葉を交わしたりもしてくれた小山担。そういう所もこの一年で幾分大人になったからなのかなぁ…なんて思いました。言葉って言ってもサラッと少しだけどね?

 

そんで本題こっからなんですけども(やっと)、先ほどの例の角の件、ふせったーで呟いたら▽さんも翌週の仙台公演でそこを見てくれて、とーってもビックリしてくれまして。

わたしの功績でも何でもないのに嬉しくなって、これは他でもない功労者でもあるうちの小山担にお伝えせねばー!!!!って「立ち見列で会ったお友達が仙台で角の色見てビックリしたみたいだよ!(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾」って教えたらですよ、まさかの返答、

 

小山担) あぁ、▽さん?

 

わたし) (´⊙ω⊙`)????

 

ちょ、あぁじゃないよ、オイ君も友達か??ww あぁって何だ、随分軽いな あぁってww あれ?先週そんな感じだったっけ?何か急に随分こなれたね??あれ?そもそもわたしお名前教えてたっけな??え?わたしの背後からスマホチェックしてるってこと??で、わたしのお友達ある程度把握されてんの??え、こわくない…??

もー本当諸々ビックリした…(⌯ε⌯_ヽ)_ もう友達だよ( •̀∀︎•́ )✧︎って▽さん言ってくれたよ良かったねw それにしても、人見知りなはずなのに一回会ったら人見知りハードルどっかにぶん投げちゃうタイプの子だったの?!?!急にグンッて距離詰めるんだね?!?!お母さん全然知りませんでした!!!!

 

 

 

◽︎えっどこ見とんねんどういうこと??事件

2019暫定No.1の'うちの小山担から飛び出したビックリワード'は、札幌全公演終了後、

 

立ち見が一番良かった

 

えっ?

あのね、NEVERLANDの時、わたしビギナーズラックでシゲ担冥利に尽きるどえらいアリーナ席に入りまして、そのことを知ってたうちの小山担、EPCOTIAの時はスタンドだったので「下(アリーナ)で見てみたいなぁ、お母さんいいな〜いいな〜」って言ってたはずなんですよ。ずっと。え、円盤見るたび「いいないいな」って。言ってたよね?あれっ?

 

一体どうした。

 

スタンド・アリーナ・立ち見、WORLDISTAでコンプした結果、どうしてそうなった。

 

オイオイ、アリーナのあの席どう考えても最高だったろうよ?!(´⊙ω⊙`)目の前にアリトロ4台並んで4人揃ってしばらく歌ってたじゃん、そっからゼロずれよ?えっ?!どゆこと?!えっ?!?!全体の規模がそんな大きくはないから距離はさほどないものの、天井も天井な真駒内の立ち見席が何故君の上位ランカーに?!?!

ていうかさ、あなた、わたしの見間違いでなければさ、アリーナであなた担当からお手振りいただいてなかったか?!?!

 

 

お友達のチケットのお陰で、人生初アリーナに入ったうちの小山担。前日のスタンドの時点で既に自作団扇持ったり置いたり自担公式団扇すら持ったり置いたり、なかなかに自意識炸裂させて(てちょっと面白かっ)たんですけども、アリーナは遂に団扇完全放棄。しまいにはペンラまで時々放棄。も〜う、なんで〜?って隣でヤキモキして、ならば団扇の代わりにわたしが声を張ろう!()ってわたし「慶ちゃ〜ん!!」って叫び過ぎて呼び過ぎてのどちんこアリーナにブッ飛ばしたりしてたんですけども、最終的にうちの小山担、ロッコが近付くとパーカーのフードをすっぽり被り始めるシマツ。近付けば近付くほどに深くなるフード。(ちなみに薄紫色)

オイオイオイオイ!!!!なにゆえ?!?!

とか何とか隣でわたしだけが慌ててるうちに、5列先真正面にトロッコが止まって。そうしたら、周りを見渡しながら大っきな満面の笑顔で大きくあちこちに手を振ったりファンサしていたその人の視線が、しばらくして、ふとピタッと止まった(ような気がした)んです。そして、少し小さく屈んで、満面の笑顔ではなく小さく優しい微笑みで、小さく小さく、右手を振ってくれ(たような気がし)ました。うちの小山担に向かって。他でもない彼女の担当さんが。

なんだろ、あっこれは子どもに向けてだ、隣の照れ照れ自意識ガールに向けての微笑みなんじゃないだろうか、ってあの瞬間思ったんですよね。真相は分からないけど。そう、真相は分からない。

な!ぜ!か?!?!

それはね!公演後に「えっもしかしてさ…」って当のご本人に確認してみましたら、うちの小山担からの回答、

わかんないよ!!!!恥ずかしかったんだもん!!!!

私) ????、どういうこと????

 

宿で夜な夜な事情聴取しまして、概要はこう。

▪️近過ぎた。

▪️チラッと見たらちょっと近過ぎてビックリしてあああぁ〜( ˟ ⌑ ˟ )てなった

▪️近過ぎて逆に全然見れなかった

▪️主にトロッコを見るなどしていた(おーい!どこ見とんねん!!!!)

▪️とにかく近過ぎた。

 

で、ここから彼女が導き出した結論は、こう。

▪️立ち見が一番いい。遠い方が落ち着いて見れる、安心

 

 

うんうんなるほどなるほど分かる分かる。……いや、やっぱ分かんねぇww

えっ?じゃああの時君はアリーナで、うわああああぁぁ無理無理無理無理近い近い近い近い…!!!!ってなってたってこと?!?!ww 確かに照れまくって恥ずかしがっちゃって何かトロッコの足元ばっか凝視してたよねあなた?!?!ww 好き過ぎて近いのしんどくて無理ってこと?!?!ていうか本当あの瞬間君の視線はどこ向いてたんだ?!?!

 

恋する8才、完全にパニクっていた模様でして、当の本人自体が視線合ったんだか合わせれなかったんだかそもそも合ってはいなかったんだかまっっっったく把握していないという有様で、真相はマジで闇の中です。分かったことは、うちの小山担はそんな風になってしまうほどに慶ちゃんのことが大好き、ってこと。それだけ。

でもわたしは、照れてトロッコの方全然見れなくて薄紫パーカーのフード被っちゃってた小さな女の子を、彼は見つけてくれたんだ、きっと優しい気持ちを向けてくれたんだ、って信じていたいなぁ。そして、そんな優しい人のことをこんなにこんなに大好きだなんて、コイツ小っさいのにいい恋してんなぁ…って切ない溜息をついてしまうのです。

 

ありがとう、大好きだよ。

 

今日は、我が自担の20周年の入所記念日です。

わたしにとっては、シゲ担として3回目の入所日。

一昨日も去年も紡いだ感謝の想いは、今年も変わらず、ささやかなものから大きなものまで様々なエピソードを層のように積み重ねながら、深く、重く、募るばかり。

心を縛って離しません。

 

シゲ、

っていうステンドグラスを通して、もしも好きになってなかったらきっと全然知らなかった世界を、たくさんたくさん見せてもらっています。

色とりどり、いろーんな色のガラスがはまってる人だから、いろーんな色の景色が見える。

だから、フィルターじゃなくて、透明なガラスでもなくて、ステンドグラス。

背伸びしてそこからこっそり覗いた外の世界は驚くほど鮮やかで、そこからわたしの四畳半に注ぎ込む光もまた虹のように鮮やかです。

 

なんで好きなのか、

とか、

どこが好きなのか、

とか、

具体的に子細に項目立ててハッキリと、言語化することは全く出来ません。

もしも言語化したならば、きっとそれは言葉足らずで、後付けしたみたいで、十分に言い表してるとはとても言えなくて、なのに余分なものも多くて、何だか上っ面だけ撫でた嘘っぽくて、その言葉はたちまち今抱えている気持ちとは別のものになってしまう。しっくり来る言葉なんて、世界中どこを探しても、もしかしたらわたしの中にも、どこにもないような気がするんです。

何か好きな理由があるんじゃなくて、どこか好きな部分を備えているからでもなくて、明確な理由は分からないけど、ただどうしようもない好きという結果だけが感情だけが厳然とそこにある。ある日突然そういうことになっていた。そんな感じです。

どうして?って聞かれたとしても、どんな所が好きなの?って聞かれても、いっぱいあり過ぎて、なのに何一つ言語化出来なくて、結局わたしにもよく分かりません。

でも好きなの。

それだけ。

 

20周年おめでとう。

アイドルを続けてくれてありがとう。

お互いきっと永遠は誓えないけど、でも一歩ずつ少しずつ永遠に近くなるように、わたしは毎年言葉を紡いで積み重ねてくね。大好きだよ。

 

urnotalone.hatenablog.com

urnotalone.hatenablog.com

 

笑顔のギアを上げることが出来たのかもしれない話。

 

わたしの自担って、あ、シゲなんですけど、彼のファンサってどっちかと言うとスンッてしてるじゃないですか(言い方)。片っぽの口角だけで笑って、何かファンデルワールスめっちゃくちゃ高そうな形状の手をヒラヒラッてクールに(※だが心は熱く)手を振ってるみたいな。かと思えばMCでの可愛さが何だか青天井だったり(メキシコ?!(∵)えぐかわ)広範囲に投げキッス飛ばしてみたり急に火が付いたようにガッシガシ釣り上げまくったり去り際に「愛してるよ札幌」とか突然言うんですけど!!!!ですけど!!!!(自担、暗転後最後の最後に一言言いがち)(それをつい期待して待機しちゃうシゲ担)(そして期待を裏切らない自担)(SUKI) まぁ基本ツンデレと言いましょうか、いや彼がデレるのは対慶ちゃんだけでは?ハイハイ コヤシゲコヤシゲ(´-」-`)(∵)って感じなんですけど、まぁとにかくスンッとしてるわけです(言い方)(だがそこがまたいい)。

だから、他担ながら、やっぱてごちゃんのファンサって最高で最強だよなってずーっとずーーーーっと思っていて。NEWS担になってからずーっと。他Gさんのコンサートに入らせてもらってからは尚のこと。ずーっとずっと満面の天使みたいなニコニコ顔で、だけど、ファンサの瞬間、わぁ!って、見つけた!!って全身でその人だけにピンポイントに全力で伝えるみたいに、パァッと更に更に笑顔が輝くところ。大っ好きです。あんな幸せそうにファンサするアイドルいます????可愛いなぁ、ファンのこと大好きなんだなぁ、素敵だなぁ、最高だなぁ、こっちまでお裾分けで幸せな気持ちになるよ、そんなてごちゃんがわたしも大好きだよって思っていて、うわ〜〜〜〜手越担さん達うらやまーーーー!!!!お互い幸せそーう!!!!(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡って思ってて。だからWORLDISTA最後の某曲の'あの'場面(また◯◯◯って のトコ)は、あまりの可愛さに引っくり返りそうになりました。あと、年齢不詳な見目なのに目尻の笑い皺にだけはそこはかとなくふんわりと滲む年齢、プライスレス。。好き。。(癖)(自担の笑い皺も大好きです!!!!)f:id:urnotalone:20190413003243j:image

そう、あの愛溢れる幸せな幸せなファンサが大好きなのに残念なことにわたしは他担なので、しかもわりかし自担ロックオン型なので、そして万が一があったとしても彼はそういうタイプではないので、それはちょっとイヤめっちゃ羨ましさのある、でもきっと手の届くことのない、憧れの光景でした。

だからね、よもやそんな瞬間が我が身に起こるなんて、全っ然思ってなかったの。 微塵も。まさか見つけてくれるなんて、見つけてもらえるなんて、思ってもみなかった。

 

まるで、見つけた!って気持ちが伝わって来るかのような笑顔。グンッと一段ギアが上がったみたいにより一層パアッと輝いた笑顔を、そして全身全霊込めるみたいに踊りながらめいっぱい突き出すように振ってくれた手を、思い出すと未だに涙が出て来ます。

去年の不在は何だか寂しくて、だから2年ぶりにお顔が見られたことをじんわり嬉しく喜んでいたら、思いがけず訪れた瞬間。

札幌初日、Jr.くん達の中で一番、誰よりも大きな声で「シゲーーーー!!!!」って叫んでくれたその人。そしてその後のある曲の衣装の色や立ち位置に自担との繋がりや縁みたいなものを勝手に感じて更に嬉しくて滾って高まったまま迎えた翌日の昼公演。

ステージから1ブロック離れたアリーナ席で、わたし、大輝くんに生まれて初めてのファンサってやつをいただきました。あヤバい、それを文字にして改めて目にしたらまた感極まって泣きそう←

 

一昨年のNEVERLANDの時、ありがたいことにセンステ間近のアリーナに入らせてもらった時は、ドドドド新規過ぎてMADEのことすらあやふやな認識で、踊の魔法のレクチャーで最寄りにいた福士くんから向けられた笑顔にドキドキしつつも公演後に検索してお名前をやっと把握するような有様でした(今は長く付いてくれてる子達は大体分かるようになったよ!)。

きっとわたしが大輝くんを一番最初にはっきりと認識したのは 2017年6月少プレのミステリア。あっ!真駒内で見かけたお顔だ!ミステリアっていうかむしろ君のお顔がミステリアスで独特の強い強い存在感でわたしゃ俄然気になるよ!!!!←って思って、それからは円盤を見ながらちょこちょこその顔を探して。纏う空気感がすごくすごーく気になる人だなぁ目を惹く人だなぁってずっと思っていました。そう思っていたら翌7月のビビットでインタビューを受けていて。どんな想いで舞台に立っているのか、どんな想いでJr.を続けて来たのか、その想いをほんの少しかもしれないけど垣間見させてもらうことが出来て、あぁ応援したいなぁ、こんな子がバックに付いてくれて嬉しいなぁ有り難いなぁなんておこがましくも思っていました。

f:id:urnotalone:20190412223724j:image

今改めてこのコメント読むと本当泣いちゃうなぁ…。届いた。届いたよ。受け取った気がしたよ。2006年からずっとJr.を続けて来てくれてありがとう。WORLDISTA、NEWSのバックに付きたいってタッキーに直談判してくれてありがとう。また札幌に来てくれてありがとう。°(゚⊃ω⊂゚)°。

f:id:urnotalone:20190412225350j:image

 

2017年の印象的なあれこれで改めて名前とお顔をしっかり心に刻んで、MADEちゃんみたいにきっと今年もバックに付いてくれるはず!今年はその姿を探すぞ!!って内心コッソリ思っていた2018EPCOTIA。

そこに彼の姿はありませんでした。

寂しかったなーーーー。寂しかった。シゲ担だけど。にわかだけど。他のお仕事が入っていて、それはとってもとっても喜ばしいことなのだけど、その時には既に見慣れた、いることが当たり前みたいに思っていた姿が見られないことが、何せにわかだからただただ寂しくて寂しくて仕方なかった。メガロマニアのあの列に、BLACKHOLEのあの輪の中に、いて欲しかったなーーーー…。探したかった。

 

そっか、付かなくなることだってあるのか…そっか…そうだよな…って思いながらも淡い期待を込めて静岡初日レポをTLに張り付き待った2019年3月上旬。

いる!!!!はるはる今年はいる!!!!って分かった時は本当嬉しかったなぁ…。

とか言いつつシゲ担なので汗、札幌1日目、Jr.くん達が一番最初に出て来る曲も次曲も目は自担をずっとずーっと追っていて、ハッ!!!!そう言えば!!!!となったのはJr.くん達が別ステージへハケて行くところ。件の「シゲーーーー!!!!」の場面で、その大きな叫び声にNEWSのみんなも大輝くんのお名前を出してくれて、叫んだ名前も大きな声だと褒められる名前も、その両方の名前がとっても嬉しかった。

某曲ではミステリアを彷彿とさせるようなパフォーマンスを見せてくれて、また某曲では勝手にグッと来てしまうカラーの衣装を身に纏って自担と並んでて私得が過ぎるわ!!!!って暴れたくなって、とにかく嬉しくて嬉しくて高まって滾って仕方がありませんでした。

 

そんなテンションブチ上がりで迎えた2日目昼公演。わたしが入ったのは、アリトロの乗り換えポイント且つアリトロが4台ズラッと並んだ時には4人が一堂に会してそこで某曲を歌うという贅沢な贅沢な場所の真っ正面。あまりにも近く滞在時間も長く、隣にうちの小山担がいたので「慶ちゃーーーーん!!!!」って叫びまくって呼びまくって完全にのどちんこ飛ばしました←

そんな良席に恵まれたのですが、わたくし低身長なもので、まぁまぁアリーナ埋もれる埋もれる。遠くのアリトロ全然見えない。と言うわけで、トロッコこっちに来るまでステージのJr.くん達の踊りを見てよ♡と思い立ったんです。そんな失礼千万なスタートだったのに、トロッコの方を向いている多くの人と人の隙間から、ちょーーーーうどポッカリと大輝くんだけが見える席で、しかもほぼほぼその場所に固定で踊り続けてくれていて、ずーっと見ていることが出来て、だんだん目が離せなくなって。しかも大っっっっ好きな思い入れのある歌と振り付けの曲が続いて、1ブロックと5列くらい先のキラキラの笑顔を、踊りを、まるでJr.担のオタクみたいにずーーーーっと見つめていました。ずーーーーっと。

そうしたら、

数多の横顔の間、ポッカリ空いた空間から見つめていた瞳と、1ブロックと5列も離れていたのにパチっと目が合って。

その瞬間のことは忘れられません。

どう見たって100%全開のニコニコの笑顔で今の今まで踊っていたのに、その瞬間、その笑顔が200%にグンッ⤴︎てギアチェンしたみたいに見たこともないくらいパアッと明るく輝いて。それまでと変わらず踊りながら、でも両手をめいっぱいこちらに伸ばせるだけ伸ばして手を振ってくれて。。嬉しい!って感情が爆発する瞬間を見た、みたいな。。あんな笑顔になってくれるなら、見つめ続けてて良かったな、わたしなんかの時間ならいくらでもあげるよ、って。。

贅沢過ぎて一瞬何が起こったか分からなくて、決して近くはなかったはずなのに見つけてくれた…って思って、あ、手を振り返せなかった…って思って、でもやっぱり何が起こったか理解が追い付かなくて、ボーーーーッとステージを呆けた頭で見つめていました。わたしも笑い返せたら良かったな…でもビックリしてたことくらいは伝わったのかな…。

本当口半開きでボーッと呆けちゃって、どのくらい酷かったかと言うとアリトロが近くに来てることに全く気付きませんでした← 「お母さん?!お母さん!!来たよ!!シゲ!!」ってうちの小山担に腕バンバン叩かれて我に返る。いや、返ってない。「…え?えっ何?誰?シゲ?え?」って言った覚えある←  ふわふわと地に足が着いてないみたいな心持ちで、姿やトロッコが視界に入っても認識出来ずにややしばらくピンと来ませんでした。良席を棒に振るとこだった危ない。いや、どっちに転んでもわたし的には良席なのか?

 

あのボヤーーーーッとしちゃった数秒間、わたしは一体誰担だったんだ、なんて思います。ギュンッてハート持ってかれ過ぎて、青天の霹靂過ぎて、え落ちたの?落ちるの?降りるの?え?って感情の動きが未体験ゾーン過ぎてちょっとしたパニックだった。とにかく、自分は全く掛け持ちに向かないタイプなんだなということだけは把握しました汗。多分一会場に二人以上の担当は持てない。一人が限度。ぶわーっ!!!!と熱量の高いタイプだけど、そのバワリーを複数のベクトルに向ける器用さは全く持ってない。誰かにベクトルを向けると、その人だけで頭ん中いっぱいになっちゃって、きっと他のことはあんまり見えなくなっちゃうんだ。さて困ったな。でもFIGHTERS.COMのデスボとサビの高低差が好き過ぎてカッコ良過ぎて脳みそデロッデロに溶かしてるので、わたしは相も変わらず今日も今日とてシゲ担です。

 

こっから先の話はもうその巡り合わせの妙にただただ震えるしかないんですけど、そんだけ散々パニクった2日目昼公演のあと、脳内完全にパニクって沸いたたまま何とわたしたち親子は夜公演へと雪崩れ込みます。そう、何と2日目二部です。既に参戦済みの方、ご存知の方はお察し下さい。何だこれ、ドラマチックが過ぎる。神様っているの?!こっわ。いるなら策士過ぎるでしょ?!?!某曲のダンス、ボロッボロ泣いちゃったぞ!!!!!!!!

WORLDISTA PLAYLOG #8〜10

 

本日!!遂にNEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA初日!!!!

おめでとうございます!!!!

PLAYLOG更新は静岡公演前まで!自分の初日は先とは言え、ツアーが始まってからもダラダラ語り続けるのはちょっとナンセンスかなと思ってそう決めていて。最後は駆け足スライディングでまとめて綴ります!

 

 

#8 Disital Love

 

えっ?

Kissしよう キミとLet's update

って、こういうことでしょ?←f:id:urnotalone:20190228182654p:imageコレ。キスしたらReroaded。アプデして復活してリロードしてエボリューションするやつ(ちげぇ)。

 

WORLDISTAの発売前、どうやら今度は仮想空間にダイブするらしいと聞いて、

えっそれ実質マトリックスじゃん?!?!

って沸きに沸きました。頭沸騰するほど沸いた。だってアラフォーだから。20年前って今よりもずっとずっとたくさん映画見てた(時間が有り余るほどあったんだろうね)。

f:id:urnotalone:20190303175158j:imageこういう'緑'がテーマカラーになるのかな?と思ったら、3Dメガネの赤と青や同色のペンラや、ジャケやフーディの鮮やかなピンク。「そういう単純じゃないとこ好き!」ってなる。

元々キアヌ・リーブスがちょっと、いや結構好きだった上に、当時空手齧ってたのでカンフーの要素がも〜〜ぅドツボ中のドツボで。組手の時みーんなコレ真似して手のひら上に向けてクイクイッてやってた。みーんな。

f:id:urnotalone:20190303173423j:imagef:id:urnotalone:20190309065213j:image

オリエンタルな格好も大好物なんですよね…、FC動画で増田さんが“侍”って口にした途端、

えぐざむらい!!!!って沸いたし(連想の飛躍が過ぎる)(でも和装好き♡)

f:id:urnotalone:20190303180205j:imageわたしが知ってるエグザムライはこのキービジュアルまで。大好きだったEastern BoyzのMVは今見てもいつ見ても新鮮にカッコ良くて'和'全開でコンセプチュアルで最&高に好き。潤沢に贅沢に資金を使ってる感じの豪華さも非常に良き。西の日光、耕三寺。

基本血の気の多い武闘派な人間なので当然のようにマトリックス大好きだったんですけど、しばらーく見てなくて、てごスミスの「Mr.Anderso〜n」を聴いたらも〜ぅいてもたってもいられなくなって、見たい!今すぐにだ!!直ちにTSUTAYAに走らねば!!!!っていきり立って。そしたら何と夫が三作全部持ってた。うわー!!!!出来る夫!!!!推せみが強い!!!!って狂喜しましたよ現金なオタクだね。

f:id:urnotalone:20190303175447j:image

#想像することはみちしるべ、にあれやこれや楽しく考えたけど、考えることと並行して見てたマトリックスをベースに置き過ぎて、聴覚クエリなのに何故アイギア?!聴覚経由で仮想空間にダイブするんでしょ?!マトリックスは後頚部にあるプラグから脊髄経由で視覚からの情報は不要だよ?!じゃあヘッドホンだけでいいのか??仮想空間の中では全ての事象は脳が描き出す電気信号に過ぎなくて、スプーンなんてないんだ、って思えば何だって出来るし、でも仮想空間での死、心の死は、心と体はひとつだから肉体の死と同義だよ?!そんな危険なダイブなんだよ!!(高まる)( •ω•` 三 ´•ω•)ってなってました(息継ぎもせずに早口でまくし立てる、本当ヤバいゾーン)。

f:id:urnotalone:20190309060800j:image

いやいやWORLDISTAは「本当にその世界に入ったような感覚」だから。エンターテイメントやから。人類救いに行かないから。

マトリックス熱高まり過ぎて、脳内にスミス湧いとる。落ち着け。エンタメエンタメ、唱えろわたし、イマジナ ギミヤラ エンタメ エンタメ。

イムリー過ぎるMicrosoftのホロレンズ2リリースにもすーんごい沸いたなぁー…。


f:id:urnotalone:20190309073937j:image

f:id:urnotalone:20190309073934j:image

WORLDISTAと現実世界が溶け合ったかと思った。

全ての謎の答えを明かさないことで想像や考察や議論が無限に広がり、その余地こそがカルト的なマトリックス人気の一因でしたが、タグ付けされたWORLDISTAの色んなたっくさんの考察に触れることもまた、その余地を楽しむことだなぁなんて思っていました。ツアー前、まだ解答が世に放たれていないうちは、どの考察も等しく「可能性」を含んでる。まだ誰も、それを否定する材料を持たない。想像することは、自由で平等でどこまでだって飛ぶことの出来るみちしるべ。

No turning back!!!!

は、にゅす恋に脳みそ溶けて我を忘れてカード溶かしてる時の自分に投げ付けるべき言葉ですね…って白目剥きました(大量の空のカードを手にしながら)。自担続編がこわい(まんじゅうこわい的なやつ)。

 

 

 

こっから更に音速の駆け足で。

 

#9 インビジブル ダンジョン

 

繰り返される

なら一分一秒も You don't waste it

に、

く〜〜〜〜!!!!タイム・イズ・マネー!!!!This is 手越祐也!!!!歌割りの分かりみ!!!!(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾

ってなったのわたしだけですかね(貴様だけだよ)。

聴くたびに一番でく〜〜〜〜(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾!!!!ってなって、二番であ〜〜〜〜(੭ु ˟ ⌑ ˟ )੭ु⁾⁾!!!!ってなる。

よつば銀行台東支店の支店長室に飾られている「時は金なり」の書にも同じように沸く(だから貴さry)

 

 

#10 サンタのいないクリスマス

 

LPSとマッシュアップ、してくれないかな〜〜〜〜!!!!でもシンプルにスタンダードにも聴きたいな〜〜〜〜!!!!NEWSICALも聴きたいな〜〜〜〜!!!!何がどう来たって最&高だ!!!!(大の字)

 

 

 

 

…と、まぁ、

全曲網羅しなかったけど、残しときたい気持ちは書き残せたから満足です!‪( •̀ㅿ•́ )/‬

いよいよ今日からツアースタート!

今年のツアーも怪我なく大きなトラブルなく!全国各地で楽しいあったかい幸せな最高の仮想空間が繰り広げられますように!!!!

NEWS MAKES YOU HAPPY!MAKES THE WORLDISTA HAPPIER!!!!

WORLDISTA PLAYLOG #7:DEAD END

 

不穏な気配。だってDEAD(単純)。

アルバム発売前、タイトルだけが明かされていた時には、ラジオで解禁されたあのリード曲で重厚に始まるWORLDISTAというアルバム、次の2曲目はどんな重たいパンチを繰り出して来るの?!?!だってDEADだよ?!?!って思って、妙に身構えて変に緊張して謎に戦慄していました。

アルバムの二、三曲目へ寄せる、絶大な信頼をすっかり失念してた(アン・ドゥ・トロワとTWINKLE STAR大好き芸人です♡)。

 

ごめんねシゲ、わたしどーうしても気になってるから、恐れ多くもどうかこれだけは言わせて。

あれ、セル音。セルモーター音やから。アクセルの吹かし音とちゃうから!!(屮゚Д゚)屮 

ヤメロ(o`・д・)≡〇)`A゚)ノ、;' <だって踏み込んだブオオォンじゃなくてキー回したキュルキュry

夫がそっち系の本職だからサッセ。ここはわたしの「お〜うさまのみ〜みは〜ロ〜バの〜みみ〜〜〜♪」って叫ぶための穴でもあるから本当サッセ。その穴に今から自分で入るから上から土ブッかけて下さい。墓標に「行き止まり」って刻むね。

さ、気を取り直しまして。

アラフォーなので、イントロのセル音に、ラルクのDriver's Highを秒で思い出しました。99年のシングルカット曲。マトリックスも自担入所年もわたしが今の業界に一歩踏み出したのもぜーんぶ偶然1999。当時付き合ってた人がラルク好きで聴いてて、20年という月日にちょっと白目剥きそうだけどこじ付けて高まる。

f:id:urnotalone:20190303082128j:image

ついついアクセル増し踏みしちゃいそうに疾走感半端ないこの曲、何を題材とした歌詞なのかファンのみなさんの間で色んな説が語られていますが、わたしは特攻隊説推しです。そう思いながら歌詞を読むと本当グッと来る。。ウッ…

ドラハイは公式のYouTubeとかiTunesなかったので気になった方は是非検索して下さい♡わたしは懐かしさと類似性にのたうち回ったよ♡

バワリー高めに激しく脱線しましたが、話をDEAD ENDに戻しましょう。

 

DEAD ENDは'行き止まり'。

限界突破、常識を打ち破れ、現実を超えろとのっけからの宣言。強気な宣戦布告みたいで、序盤も序盤にこんなタイトルの曲を据えるなんて、あまりにも粋過ぎて。

行き止まりから始まるんじゃなく、改革から始める。

WORLDISTAの踏襲でNとEをリロードして、そして壁をぶち破って見せる。

音速で超える。聴覚クエリで超える。

表題曲の次、確かに「行き止まり」という意味のタイトルの曲が来るのだけど、わたしはそれを「当然乗り越えるべき壁」とか「壊すべき固定観念や既成概念」って意味に捉えてしまいます。DEAD ENDを超えた先にWORLDISTAが広がってる、みたいな!だってあんなワクワクする歌ある?

分からないことは何も怖いことばかりじゃない、分からないことはワクワクすること。未体験ゾーンには、無限の未来と可能性がたくさん詰まってる。どんな夢だって描ける。悪魔の証明は、起きないことや存在しないことの証明は、誰にも出来ない。

しかも。

C&Rをここまで明確に公式に(※シゲに)求められること、なかったんじゃないかなぁって思うんです。

ここはわたし達のパートかな?!歌ってって言われるかな?!ってソワソワ思いながら直近の全国ツアーの初日にほんの数回入って来たけど、明確に、事前に、求められること。確実に、わたし達のパートであると知って入れること。

そんなのファン冥利に尽きるじゃないですか…泣

改めて、これまで以上に、ファンと一緒に空間を作り上げること。願いの形を取りつつも、わたしにはその高らかな宣言だと思えました。

だから、明日遂にツアー初日を控えて情緒が期待にすっかりおかしくなってしまってるから、楽しくてハッピーで盛り上がって、泣くような曲でも何でもないのに、今この曲を聴くとあの'幸せに満ちた空間'を思って、つい泣きそうになってしまうんです。

 

わたし的初日まで、あと22日。

WORLDISTA PLAYLOG #6:FIGHTERS.COM

 

治安が!!!!悪い!!!!(※最上級に褒めてる)

あんまり治安が悪い治安が悪いってわたしが騒ぐもので、長女(10)がイントロ聴くと即「あっ!治安が悪い曲だ!!」って大きな声出すようになってしまいました(盛大な語弊)(まぁ合ってるっちゃ合ってる←)

 

わたし古のLDH担だから、初めて聴いた時、イントロの一音目から早くも狂い始めました。えっえっ無理、って頭抱えて口走ってた。

重たいベースの音に、激しいドラムの音に、歪んだギターの音に、そのハードさに、全わたしが泣きました。

聴いた瞬間SCREAMを思い出しちゃって。第1章の方。

動揺が凄かった。

何て言うか、、雰囲気が。纏う空気感に似通ったものを感じて。

FIGHTER.COMで泣く情緒のおかしいNEWS担なんて、全世界探してもわたしくらいなんじゃないだろうか。胸が詰まって、息の仕方を忘れそうになります。

改まって聴き比べると激似ってわけでも全然何でもないんだけど、あのベースのせいなのかなぁ。。JIROちゃん。。CDの音源じゃなくって、MVの方。貼れるものがなくて聴いてもらえなくてもどかしいな。。それにね、

疾走感のあるビートと鋭いギターサウンドが融合したミクスチャー・チューン

っていうのが謳い文句だったの。SCREAMの。クラウドの言葉の既視感にクラクラした。そして'2019年に!?'の分かりみの深さ。だってあれって14年くらい前の話だから。

SCREAM

SCREAM

iTunes Storeに飛んでもらったらもちょっと長く試聴出来るんですけど、間奏明け、2番Aメロ歌ってるのがわたしの元推しです。やっぱ声が最高にいい。やっぱ好き。

ラクラしながら、ちょっと埃かぶったASIA(4thアルバム、2006/3/29発売)を速攻で引っ張り出して来ましたよ(日付けを打ち込んだ瞬間、あ…脱退日だね…ってにわかにえぐられる古傷('、3_ヽ)_)(記憶違いが結構多かったり色んな記憶が曖昧だったり、当時のことを調べれば調べるほど当時のわたしのダメージ…お察し…って白目剥きそう)。

何とアルバムにMV集が付いておりまして(NEWSも何卒)、SCREAMのMVをしばらくボーッと見てました。そもそも論で、わたしはキラキラ王道アイドルソングよりもこういうのが性に合ってたんだよなぁ…って。ゴリゴリにそっち系な夫の横顔を眺めながら時々同じこと思ったりもしてるんです。未だに。

 

わたしの世代の道民って、最高最強のバンド+当時の流行り+地元愛で、GLAYジュディマリを通って来てる人が多いんじゃなかろうかと体感として勝手に思ってるんですけど、わたしはREVIEWド世代でGLAYEXILEと通った人間なので、SCREAMのコラボに文字通り七転八倒しました。

で、そのコラボにひっくり返ってた人間には、ちょっとFIGHTERS.COMってちょっとあまりにも刺激強過ぎて。すーんごい昔のことなのに、贅沢で幸せだったなぁって有り有りと思い返せるほど好きだから、だからどことなく感じる同じ匂いに狂うしかなくて。そういう味わい方って、幸せなんだけどある意味ラッキーな巡り合わせなんだけどでも切なさとか胸を掻き毟られるような想いもどこかしらあって、今はもう離れちゃってるから尚更なのかなぁ、わけ分かんなくなって全然上手く言語化出来ない感情に情緒がおかしくなります。何がどうしんどいのかも最早分からない。とにかく刺激が強い。NEVERLANDのBLACK FIRE、EPCOTIAのJUMP AROUND・BLACKHOLEと来て、遂にWORLDISTAのFIGHTERS.COMでわたし頭パンクしてブッ壊れた。MV集引っ張り出した流れで'ただ逢いたくて'も見始めて、そうだヒロインわたしと同じ名前だった…サイレントで名前叫ぶ場面でわたし全然分かんなかったけど夫は即答したんだっけ…とか思い出して何でだかさめざめと泣いています。

やっぱ情緒がイカレてるな。

 

曲調だけで既にこの情緒なのに!!!!

なのに!!歌詞!!!!⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾

全然見えないってよく言われるんですけど、わたし根っからのファイター気質で。学生時代はほとんど竹刀振り回すかキックミット蹴飛ばしてました(言い方)。女子としてこのままじゃちょっとアレだなって自意識で一時期もっとメジャーな感じの部活に入ってみたこともあったんですけどね?まーーーーぁ向いてない適性がないだから楽しめない。三重苦で早々に退部しまして。武道系が性に合ってたんですかねぇ。あと団体競技苦手(滲み出る協調性の欠如)。

だから、

なにせ生まれつきの格闘家

I trust me only

に痺れ倒しました。分かりみしかねぇ。。

あの、きっと「キャー!カッコいい!!」を求められてますよね、ファンは。なのに、まさかの「うっわ!!分かる!!!!」なリアクションで本当すみません、NEWSの皆さま。まさかの共感。ゆるふわ女子じゃなくて本当申し訳ない(苦笑

男らしい男性像に胸焦がすべき?っぽい?所を(知らんけど)、まさかの自分に引き寄せて考えて熱くなるという所業、そんな血の気の多いNEWS担も全世界探してもわたしくらいかもしれないなぁ笑笑

茶帯レベルでおこがましいんですけど、空手が新種目になる2020東京五輪に向けて鼻息が荒くなっております。この歌はボクシングが題材ですが、ボクシングよりもキックボクシング、キックボクシングよりも空手の方が好きで(自分がやってたしね)、K-1ファイターはキックボクサーよりも空手家推しでした♡(知らんがな)

 

シンプルに「好き」と一言で片付けられないほど拗らせに拗らせたFIGHTERS.COM、WORLDISTAで聴けるのが見られるのが楽しみなんだか恐怖なんだか我ながらよく分かんないんですけどとにかく「ゾクゾク」してます。

WORLDISTA PLAYLOG #5:リボン

 

歌い出しの声質(の衝撃)とピアノ一本のシンプルな伴奏に、二階堂和美さんの歌声をすぐに思い出しました。

いのちの記憶

いのちの記憶

 

よく母親の無償の愛って言うけど、母性本能って言うけど、それって実際結構幻想みたいな所も多々あって、詭弁だなって昔小児科で働いてて思ったことも何度も何度も嫌ってほどあって、誰もが備え持ってるとは限らないし、無尽蔵とも限らない。相互作用して育んでくものなのかもしれないし、水をやっても肥料をやってもあったかくしても手を尽くしても芽生えない時は芽生えない。わー…我々は何と無力なことかー…ってバーンアウトしそうになって、やさぐれて、どこかの誰かの考えた、随分と耳触りのいい理想や建前だぜ…って思ってたこともある。

だから、もうじき17年目の職業人として、そしてまもなく12年目に突入するいち母として、わたしは、肌感覚的には、本当の無償の愛って親から子へではなく、小さな子どもから親へ向けられたもののことではないかと勝手に思っています。子ども本人にとってはちょっとしたことだとしても、曲がり方を知らなくてあまりにも真っ直ぐで、受け取る側は胸がいっぱいになってしまうほどもの凄いもの凄い大きな。あんな風に寄せてくれる深い深い信頼と優しさと愛、わたし全然知らなかった。

 

愛の音があふれてたあの頃に

の“愛の音”、

わたしは“鼓動”だと思いました。

CASINO DRIVEでは確かめたいと語る“胸の音”。どちらも、ぎゅっとくっ付いて耳を寄せたら聴こえてくる音。何だかずっと聴いていると安心するような音。心電図の波形なんかじゃ伝わらない、柔らかい温かな音。確かにそこにあるのに、ぴったりくっ付かなければ聴こえない音。その音が溢れるほどに何度も何度も、鼓動が聴こえるほどにぎゅーっとたくさん抱きしめてくれた頃。

だんだんと、大きくなって手を離れて聴くことの少なくなっていく音。

 

うちの小山担の背がぐんぐん伸びて、だーいぶ小っちゃめに産んだはずなのに、わたしはクラスで常に背の順前から2番目な子どもだったのに、彼女は後ろから2番目なくらい伸びて、まだまだ寝相が悪くて布団から毎晩にょきーんって飛び出た足がとなりのわたしの布団の中まで伸びていて、よーしだいぶ録画消化したしさぁ寝よっかなぁって深夜にソロッと布団に入る時、ひんやりしているはずの布団が近頃いつもぽかぽかしてる。暑がりな子だから、ぽかぽかの足に冷え性なわたしの足をくっつけても、目が覚めたりせずにそのままスヤスヤ寝てる。まだ身長差は20センチあるのに何故かあんまり大きさが変わらない大きめな足に冷たい足をくっつけて暖を取らせてもらう時、いつまでとなりにいてくれるのかなぁって、思います。眠る時も、参戦する時も。

EPCOTIAの円盤を見ながら「お母さん最初っから泣いてたよね(ニヤニヤ)」って悪戯を含んだ視線を向けてきたり(ヤメロ)、慶ちゃんとMJどっちの方が好きなの?って聞くと相変わらず結構な剣幕で「どっちも1位なの‼︎‼︎」ってガチギレしたり(イヤすっかり慶ちゃんが不動の1位になったものかと)(愚問吐きましたごめん)、明るくなる髪色を見ては何かに想いを馳せて未だ悲しくなって時々泣いてたり、初めて2人だけで外泊することにした今年のなんちゃって遠征を心待ちにしてたり。

NEWSがNEWSでいてくれる限り、そんな楽しくて幸せで時々困るのも含めて最高に愛おしい日々はずっと続いていくのかなぁ。

 

そんなことを考えながら聴いていた2番の歌詞、わたしの第一印象は、亡くなった人側、ライナーノーツで明かされたテーマを更に乗せるなら、母よりも先立つ子ども、でした。

塵のように漂うのは、火屋の煙突からたなびく煙。ボクは細い細い白い煙になって、自分のこれから漂って拡散して溶け込んで行く先、まだ届かない空を見上げているけど、そこに“あなた”がいないから、まだ恩を返し切れていないから、天国に向かう意味を見出せない。消えて行く炎は、だんだんと小さく落ちていく炉の炎。返したいのに、返せてないのに、燃え尽きるタイムリミットは迫る。

そんな心象が浮かびました。

後ろめたさ、は、何か反抗したこととかへの後悔じゃなくて、まだ全然恩返しが親孝行が出来ていなかったことへの後ろめたさ。なのにそのまま先に逝くことへの後ろめたさ。

遺された人の抱える後ろめたさのようでいて、遺していく人側の抱える後ろめたさとも取れるような気がして、より多くの幸せや優しさを貰っていたのは果たしてどっちだったのか、より強く支えてもらっていたのはどっちだったのか、それとも力や想いを分かち合えていたのか、だんだん境界線が曖昧に溶けて、しまいには、アイドルを辞めていく人の、ファンへの愛と感謝を込めた独白のようにも聴こえたりして。

リボンは“感謝”、“ありがとうの言葉”。ずっと心の中にある気持ちを、相手に伝えるための、相手の脳に電気信号として届けるための、言語化

 

ちょっと自担との解釈違いで、生者と死者の捉え方がまるっと反対だったわけなんですけど、でもそれってわたしにはある意味ポジティブなことで、その解釈違いが感性の違いがまた楽しい。まるっと一緒よりも、くー!そっかー!そういう見方もあるねー!って思わずこの顔( *>ω< )になっちゃうくらい解釈と酒を酌み交わしてジタバタさせられたいものです♡

 

この歌には(この歌にも?)、今年の真駒内で、べしょべしょに泣いてしまう予感しかありません。一回聴いても二回聴いても結局三回目まで全部涙でべしょべしょだと思います。

とりあえず、「お母さんの出棺の時にはmadoromiとリボンをかけてくれ」ってうちの小山担に頼んどきます。