読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u r not alone

NEWS愛とシゲ愛なら一切引かない

昔話を少ししてみよう

 

 

とても素敵な恋物語〜♪ではなくって、

 

一昔前の話を。

 

たわいもない戯言とお聞き流し下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

本当に一昔前、10年くらい前、

あるアーティストが好きで好きで、

会員登録制の、アーティストHPに登録していました。

Johnny's webみたいな。

 

TwitterやインスタのようなSNSもなかった頃で、

ファン同士の交流は、

掲示板(‼︎)で行うことが出来ました。

↑時代‼︎笑  そもそもみんなガラケーだったからね‼︎

 

 

 

その中に、

多大に憶測も含みますが、

ひっそりと、

アーティスト関係者の方がいらっしゃいました。

あくまでも匿名で です。

 

 

HNと語られる内容から、

分かる人には分かったかもしれません。

でも、

一ファンとして、

優しい素敵な言葉を綴っておられました。

身内だからこそ知り得る内情を明かすことは、

決してありませんでした。

もしかしたら気付いていたであろう方々も、

HNの向こう側は意識せず、

ファン対ファンとして、

本当に素敵な関係性を、

掲示板の中に作っておられました。

 

 

 

ですが、

他メンバーの、もはや名物とも言えるほどだった関係者の方への非難をきっかけに、

ある日、

その方も批判の的になりました。

 

 

すぐにその方は引き際と悟り、

詳細は語らずに、

真相は語らずに、

親しい方々に向けた別れの言葉だけを残して、

掲示板から姿を消しました。

 

そのあとは、

いくら誰がどう呼び掛けても、

もう、返答はありませんでした。

 

 

 

(きっと、見て下さってはいたんじゃないかな、と思います)

 

 

 

 

褒められた事ではなかったかもしれません。

芸能人であること、

その関係者であること、

色んな制約やハードルや、時に足枷や、

有名税なんて言葉が存在するくらいです。

きっと、いいことばかりじゃない。

意識が高いだの低いだの、

捉え方ひとつで、

いかようにでも、どうとでも言うことが出来ます。

外野が言うのは簡単なこと。

 

 

 

素の自分で話をしたい思い、

ただのファンとして語りたい思い、

関係者だからこそ実生活ではそれは叶わない思いで、

 

守りたかったですね、私は。

だから、

直接お話したことのなかった私ですら、

悲しくて。

 

 

 

昨日の色々で、

暴露って誰得なんだろうとか、

匿名って一体何なんだろうとか考えるうち、

そんな昔のことを思い出しました。

 

f:id:urnotalone:20170523082140j:image

今日の〇〇。

 

 

まっすーがNEWSの衣装を担当していることに対して、

流行りはそれなりに追い掛けているけど 芸術としてのファッションには とんと疎い私は、

凄いな〜💛

センスと才能があるんだな〜💛

とだけ思っていました。

 

NEWSが格好良く見える!!!!

まっすーの衣装素敵💛

と思っていたけれど、

そこに込められている意味とか思いとか、

どれだけの熱量なのか、

どれだけ最新のことを勉強しているのか、

全く知りませんでした。

知ろうともしていませんでした。

 

 

確かに、

知らなくたって支障はない。

 

 

だけど、

とある方のツイッターに触れ、

その方が豊富な知識から衣装の数々を読み解いておられ、

その衣装の意味、

そのデザインの意味、

更には その色や素材の意味、

各メンバーに向けての思い、

もの凄い熱量と情報量が込められていることを知って、

 

 

震えました。

 

 

 

その思いや答えを、

分かる人にだけ分かるように、

何も語らずにそっと、

〇〇に記していることにも震えました。

 

 

 

今日初めて、

隠されているメッセージの意味を 読みながらすぐに気が付けて、

先日ツイッターで語っていらっしゃったことと結び付けることが出来て、

これがまっすーの〇〇か!!!!って痺れて、

胸がきゅうっと狭くなりました。

伝わったよ!私にも分かったよ!って嬉しくなりました。

 

 

その感激と感謝を、

ここに残しておこうと思います。

感動を ありがとうございます。

 

 

can maKe it !!

ORIHIME

 

 

願って 願って
探して 嘆いて
この声は届かない

そうだって わかって
期待してしまうんだ
出会った日の奇跡のように

 

 

開かれた形でここに想いを記すということは、

届かないって分かっているけれど、

限りなくゼロに近いけれど、

ご本人に届く可能性を一応孕んでいるんだなぁ….なんて思います。

 

そう考えると、

どれだけ書き直しても足りないし、

むしろ照れ臭くて全部消したい笑

 

 

だけど、

初めて逢えた日に、

思わぬ奇跡で想いが届いた(ような気がした)ので、

私の気が済むまでは、

消さずに可能性を残しておこうかなぁと思います(*´艸`*)

 

 

 

 

想いが届いたらいいなと思う反面、

エゴサした結果、筆を折ってしまわれた感受性の強い作家の方々がいるのもまた事実で(有川さん談)、

届かなくたっていい、

エゴサなんて諸刃の剣なこと しなくていい、と思ったりして、

そう言えば恋心って複雑で面倒臭くて愛おしいものだったなぁ、

と実感として思い出しています笑

 

f:id:urnotalone:20170520183135j:image

今日の、クラウド。

 

 

あぁ、そうだった。

 

そういう人なんだった。

 

 

自意識は、

プライドの裏返し。

潔さは、

そのプライドに恥じないように。

自分に恥じないように。

 

 

あたたかい慰めの言葉に、

傷が癒されていく人もいれば、

不甲斐なさで、

どうしようもなく泣きたくなる人もいる。

 

周りの言葉に感謝だけして、

自分を甘やかしてしまえば どんなにか楽なのに、

本気であればあるほど優しい言葉が刺さって、

自分の不甲斐なさに叩きのめされる。

 

 

 

 

私はプライドエベレストだから、

慰めを安易に救いには出来なくて、

自分が納得できないことには進めなくて、

結局、自分で這い上がることしか出来ない。

答えはいつも、

自分の中にある。

ぐるぐるぐるぐる反芻しても、

どこをどう探しても自分の中にしかなくて、

本っ当嫌んなっちゃう時もある(苦笑)

 

 

 

 

以下、引用元は失念しましたが、以前のご本人の言葉。

たとえばライブでダンスを間違えても、ファンの人もメンバーも優しいから笑って許してくれると思う。場合によっては「その方がおもしろい」「可愛い」って捉えてくれたりもする。でも、ウケたとしても、俺にとっては失敗は失敗。すごく後悔する。

 

 

 

 

失敗は失敗。

 

どんなに感動を巻き起こしたとしても、

どんなに絆を体感したとしても、

どんなに周りに感謝を感じたとしても、

アーティストである限り、

表現者である限り、

自分で納得出来ないパフォーマンスであれば、

それは、本人にとっては、

 

〝自分に負けた〟

 

誰にも、その評価を否定することは出来ない。

 

 

昨日の私の感動も涙も嘘じゃないけれど、

神回か⁈って本気で思ったけれど、

何なら今だって思っているんだけれど、

それは、

ご本人の心の内の深い深い所に思い至れていなかったなと、

思慮の浅さを反省しました。

 

心の内が〝ありがとう〟だけのはずがない。

 

 

 

全然全くジャンルは違うけれど、

自己研鑽だったり自分との戦いだったり、

潔さを大事にするスポーツ(っていうか武道)を昔 色々齧っていて、

「負けちゃったけど頑張ったよね!」なんて甘っちょろいわ‼︎‼︎という世界に一時いて、

いっぱい悔し泣きをした。

 

今の仕事で、

絶対に守りたい‼︎‼︎という人を守り切れなくて、

どうしようもない不甲斐なさが海みたいに深くて溺れて、

酔い潰れたこともある。

 

 

 

過程を評価してもらえる喜びはある。

絶対にある。

だけど、

本人にとっては結果が全てな時だってある。

パフォーマンスが全てな時だってある。

思いが強ければ強いほど。

 

慰めが、

申し訳なさ過ぎて痛くて苦しい時がある。

 

 

その痛みを忘れないために、

傷口から血を流しながら、

真空パックに詰めるみたいに その晩にすぐ綴ったのかもしれない。

いつでも鮮明に振り返ることが出来るように。

 

 

 

だから、

安易に慰めの言葉を吐くことは出来なかった。

 

そのまま受け止めて、

ただ待とうと思った。

 

そんなことないよ、って言えなくて、

そっか、分かったよ、って思って泣いた。

読書と作家

 

基本自堕落で腰の重い私は、

大人になって、

何だか 忙しい忙しい‼︎って気持ちばかりが逸って、

よし‼︎‼︎って気合いを入れなければ、

なかなか本を手に取ることが出来ない毎日です。

 

母業、社会人、とにかく時間が足りない。

それに、一旦読み始めると、

集中し過ぎ・外界シャットダウン型なので危険。

(長女も同類で、DNAの存在をまざまざと感じる笑)

 

だんだん、読まない言い訳を探しているみたいな気持ちになって、

読みたい本、読もうと思っている本がただただ山積みになっていってしまうから、

その山が一向に減らないから、

漫画すら読めずに積み始まっているから、

本を買うという行為自体、

今はハードルが恐ろしく高くなってしまっています。

図書館からも めっきり足が遠のいているし、

借りるとしても、子どもの本ばっかり。

 

 

子どもの頃は、エンデと岩波文庫が大好きでした。

あとはナルニアとかクレヨン王国とか、ファンタジーばっかり。

余談ですが、美恋のDVDを見て、

「〝恭しい〟を知らない語彙力、作家として大丈夫か⁈」

なんて思ってしまったのですが、

よく考えたら、

恭しくお辞儀をするような場面の出てくるファンタジー、

男の子は読まないのか‼︎‼︎と後から思いました笑

 

学生の頃は、キイスとミステリーが好きで、

その後の仕事に繋がる分野とエンタメ分野の振り幅、

我ながらすごく雑食。

ミステリーはドイル、クリスティ、クイーンが好きだったのですが、

この時期チャンドラーも少し読んだので、

時を経て、EMMAに

おぉ….‼︎‼︎長いお別れ….‼︎‼︎

と何だか感慨深いものがありました。

 

社会人になって、

あまり読書に時間を割けなくなりがちで、

ライトなものを….と取っ付いてどハマりしたのが、

このブログやTwitterにちょいちょい書かせていただいている 有川浩さんです。

 

 

これまで読んできた本は、

間違いなく私を構成する一部になっていて、

色んな示唆をくれたり、

全然違う分野の関心事と思わぬ所でリンクしたりして、

自分の財産なんだなぁ、と思います。

 

そんな風に色んな人の心に足跡を残していく、

作家という仕事、

改めてその兼業を応援したいなぁと思いました。

f:id:urnotalone:20170514141719j:image

原動力

 

お題「私はなぜブログを続けているのか」

 

 

子どもの頃、サッパリ意味を見出せずに日記を書き続けることが全く出来なかった私が、

 

小学生の時、交換日記や文通が少し流行りましたが、最終的に面倒臭くなってフェードアウトするという人でなし野郎な私が、

 

読書は好きだけど読書感想文なんてクソ喰らえだ‼︎‼︎と思っていた私が、

 

 

なぜ、こんなにブログを書き続けているのか。

 

 

 

 

….私にも甚だ謎(笑)。

 

 

 

 

強いて言うならば、

忘れたくない

ということが原動力なのかな、と思います。

 

 

いい年こいてるので、

切ないことに、

詳細までは、逐一覚えていられない。

大雑把ドO型なので、

まぁ〜それはそれは酷い。

忘れたら忘れたで仕方ない、まいっか、

に着地する自分が目に見えているので、

予防線。

 

些細なきっかけで記憶や感情は蘇らせることが出来るはず、と思っているので、

求める時に、極力スムーズに海馬の引き出しを開くことが出来るように、

その引き出しに取手を付けたり、

スペアの鍵を作っておく気持ちで多々綴っているのかな、と。

 

 

だから、

自分が読み返すことが大前提にあります。

自分が読むために書いている。

 

 

自分の書いた自分の日常なんて読んだってつまらん、

と思っていた私が、

書き留めておかなきゃ‼︎‼︎読み返したい‼︎‼︎という気持ちにさせられたなんて、

そりゃ熱量が高過ぎるわ、と納得。

f:id:urnotalone:20170513145738j:image

I・ZA・NA・I・ZU・KI

 

去年、
エンドレス・サマーが聴きたくてBESTをかけていたら、
4人になってからのファンの私は、
I・ZA・NA・I・ZU・KIでの〝コレジャナイ〟感が凄まじかった。

古参の方々がもしいらっしゃいましたら、
新規の しょうもない戯言とお聞き流し下さいね。

 

 


少プレの恋焼け然り、
元はファルセットやオクターブ下で歌っていた部分を、
突き抜けるような高音に切り替える手越祐也という人の歌唱が、
どうしても好きなんです。

ロックとHIPHOP育ちなのに、柔らかくて優しくて温かい、
ライブ映像ですら こちらの魂を揺さぶってくる、
まっすーの歌声が大好きです。

私の中の ザ・男性アイドルの歌声とは!を体現しているのに、
歌詞がスルスルと耳に届く、
慶ちゃんの滑舌・発音が好きです。

そして、
声質は一番ドライなはずなのに、
時として一番甘い歌い方をしてドキっとする、
加藤シゲアキという人が大好きです。

 

人数は減っているはずなのに、深みを増しているように感じる、どんどん上手くなっていく、
4人のユニゾンやハモリが大好きです。

 



美恋とQUARTETTOのI・ZA・NA・I・ZU・KIや、2012年以降のさくらガールが、
大好きで大好きで、
繰り返し繰り返し、
飽きもせずに見ていました。

 

だから今年、
EMMAのカップリングがその2曲で、
収録内容が発表になった時、嬉しくて嬉しくて叫びました笑

 

以前の曲がアップデートされていくことが嬉しくて嬉しくて、
全形態買いせずにはいられなくて、
あ、これは私どっぷりハマったなぁ、
と実感させられた一曲です。

f:id:urnotalone:20170513103353j:imagef:id:urnotalone:20170513103318j:imagef:id:urnotalone:20170513103401j:image